• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

サーバーレスの実力

サーバーレスが盛り上がる二つの事情

山本 貴裕=アイレット 2017/07/11 日経SYSTEMS
出典:日経SYSTEMS 2017年5月号pp.74-75
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 「サーバーレスアーキテクチャー」とは、常時稼働のサーバー(仮想マシン)を極力使わずにシステムを構築すること。特にパブリッククラウドを活用するユーザー企業の間で注目を集めるアーキテクチャーである。

 サーバーレスのシステムを構築する際には、大手クラウドベンダー各社の「イベント駆動型コード実行サービス」と呼ばれるサービスを利用することが多い。データの更新など、バックエンドで処理が必要な何らかのイベントが発生すると、クラウドベンダーの提供する基盤が起動し、ユーザーが事前に登録しておいたコードを実行する。

 イベント駆動型コード実行サービスの先駆けは、米Amazon Web Servicesの「AWS Lambda」。現在はAWS Lambdaに加えて、米Microsoftの「Azure Functions」、米IBMの「OpenWhisk」がある。米Googleもベータ版ながら「Cloud Functions」を展開している。Microsoftは、オンプレミス環境にパブリッククラウドと同等の環境を作る「Azure Stack」にも、Azure Functionsを提供する予定だ。

常時稼働では割高なシステムが増加

 サーバーレスアーキテクチャーが広がってきた背景は大きく二つある。(1)突発的に大量の処理が発生するシステムが増えてきた、(2)APIで扱いやすいクラウドのサービスが充実してきた、である(図1)。

図1●サーバーレスアーキテクチャーが登場した背景
[画像のクリックで拡大表示]

 まずは(1)の突発的に大量の処理が発生するシステムが増えてきた点について見てみよう。パブリッククラウドには、必要十分な仮想マシンのリソースを必要なときだけ利用するとコストを節約できるという特徴がある。ほとんどのシステムは処理負荷が一定ではないので、ピーク時とそれ以外で仮想マシンのリソースを増減させれば、利用時間に応じた課金体系を取るクラウドのコストを節約できるわけだ。

 ただし、仮想マシンを稼働させるシステムでこの恩恵を享受できる機会は限られる。いつピークになるかをある程度把握できる場合だ。クライアントからのリクエストがいつ、どれだけあるか分からないケースでは、仮想マシンを常時稼働させざるを得なくなる。突発的なアクセスに備えると、通常時はリソースの大部分を余らせてしまう。特に処理をしなくても稼働させている時間には、しっかり利用料金が発生する。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ といって、リクエストが増えてから仮想マシンのリソ...
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る