• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ARM 対 Intel

名だたる企業を味方に、5年先を読むアームの経営術

浅川 直輝=日経コンピュータ 2017/06/20 日経コンピュータ

 米ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)や米マイクロソフトなど世界の名だたるIT企業を味方に付けて米インテル(Intel)の牙城に攻め入る英アーム(ARM)の強みは「水平分業」に徹してきたことに尽きる。

 アームはCPUコア(ARM7/9/11、Cortex-A/M/R)やGPUコア(Mali)などの回路設計図や命令セットのライセンスをチップベンダーに提供する事業に特化してきた。チップ全体の設計や製造には踏み込まない。チップベンダーやIT企業にとって、アームはパートナーであり、競合にはならない。

 自らは黒子に徹してARMアーキテクチャーの仲間を集め、エコシステムを形成した。IoT関連のスタートアップ企業Cerevo(セレボ)の岩佐琢磨CEOは「AndroidなどLinuxベースのOSが動き、多くのSoCベンダーが参入しているためチップの調達が容易。IoTのスタートアップにとって、アームのCPUを使わない選択肢はない」と断言する。

 アームは1990年代以降、主に携帯電話機向けにCPUコアを提供。その後、スマートフォンや車載機器、IoT(インターネット・オブ・シングズ)機器へと適用範囲を広げた。

ARMコアのシリーズ別チップ出荷数と主な用途
(出所:英アームの資料を基に本誌作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 SoCベンダーはCPUコアの開発をアームに委ねることで、周辺回路や開発キットなどの領域に開発リソースを集中。その領域で激しい競争を繰り広げることで、アームの技術をベースとした強固なエコシステムが育った。「SoCベンダーは世界で1年間に100社が生まれ、うち10社は大手に買収され、残りは消える。競争を通じて、様々なIoT機器の特性にあった多様なSoCが開発され、入手できるようになった」(セレボの岩佐CEO)。

 水平分業と並ぶもう一つの強みがアームにはある。それは、数年先の技術トレンドや需要を予測し、必要な技術を用意しておく研究開発体制だ。先読みが必要なのは「アームが技術を開発してから、チップベンダーが採用し、最終製品になるまで3~5年かそれ以上かかる」(アーム日本法人の内海弦社長)ためだ。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ IoTセキュリティやHPCを強化
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【スマホ料金の勘違い】

    auのスマホ料金、「最安1GB」よりも「2GB」が得な理由

     au(KDDI)のスマートフォン向け料金プランは、新旧が混在している。ほかの携帯電話事業者と同様の、通話がかけ放題となるサービス「カケホ」「スーパーカケホ」に加えて、通話定額が導入される前から提供している「LTEプラン」も選べることが特徴だ。またNTTドコモにはない、1GBのデータ定額サービスも用…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る