• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

今日も誰かが狙われる

もしランサムウエアの支払いがAmazonギフト券だったら

勝村 幸博=日経NETWORK 2017/09/14 日経NETWORK

 猛威を振るうランサムウエア。近年になってランサムウエアが増えている理由の一つは、ビットコインなどの仮想通貨の普及だ。仮想通貨は匿名性が高いので、攻撃者は正体を知られることなく身代金を入手できる。

 ただ、国内では仮想通貨よりも、Amazonギフト券のようなプリペイドカードのほうが重宝されているようだ。警視庁は、「『プリペイド買ってきて』と言われたら、詐欺を疑ってください」とまで言っている。

特殊詐欺の被害額は半年で186億円

 警察庁は8月上旬、2017年上半期における「特殊詐欺」の認知・検挙状況を公表した(警察庁の発表資料)。

 特殊詐欺とは、振り込め詐欺およびそれに類似する手口の詐欺の総称。面識のない不特定の人に対し、電話やメールなどを用いて現金などをだまし取る。いわゆるオレオレ詐欺や架空請求詐欺、融資保証金詐欺、還付金詐欺などが該当する。

 以前、以下の記事で紹介した詐欺も特殊詐欺に該当するだろう。

 この詐欺では、面識のない人に「1億円当たりました」というメールを送信。1億円を受け取るためには手数料が必要だとして、総額120万円以上だまし取られた。

 警察庁によれば、2017年上半期における特殊詐欺の認知件数(発生件数)は8863件だという。

特殊詐欺の認知件数(発生件数)の推移
(出所:警察庁)
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ また、被害額は186億8000円で、既遂1件当た...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る