• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

今日も誰かが狙われる

「冷房を効かせたければ金払え」、IoT狙うランサムウエア

勝村 幸博=日経NETWORK 2017/07/27 日経NETWORK

 「IoTを狙うランサムウエアが出現するだろう」――。誰しもが言いそうなことだ。そのうち出現するのは間違いだろう。だが既に、エアコンのコントローラーを乗っ取るランサムウエアの実証コードが作られている。このランサムウエアに感染すると、猛暑日にエアコンから熱風しか出てこなくなる恐れがある。考えただけでも汗が出る。いくらでも“身代金”を払ってしまいそうだ。

ワームの次はIoT

 ランサムウエアは、ファイルを暗号化するなどして利用不能にし、復旧したければ金銭を支払うよう画面に表示して“脅迫”するウイルス(マルウエア)のこと。ランサム(ransom)は身代金の意味。1989年には最初のランサムウエアが出現している。

 だが、当初はそれほど流行しなかった。被害者との連絡や金銭の授受の際に、攻撃者の身元を特定される可能性が高かったためだ。ところが、匿名化通信のTorと、仮想通貨のビットコインの普及が状況を変えた。Torやビットコインを使えば、身元を特定されるリスクを最小限に抑えられるからだ。

 最近では、2017年5月に出現したWannaCryが、ランサムウエアの脅威を改めて示した。ワームと組み合わせることで、ランサムウエアの新たな“可能性”を世に示したといえるだろう。

WannaCryが表示する画面例
(出所:情報処理推進機構)
[画像のクリックで拡大表示]

 次にランサムウエアが狙うのはIoTだといわれている。IoT機器に感染して使用不能にし、身代金を要求する。ランサムウエアもIoTも流行のワード。これらを組み合わせて恐怖心をあおるのは、さもありなんといったところだろう。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    トヨタの知育ゲーム「モビルモ」にマニュアルがない理由

     トヨタ自動車とチームラボが共同開発したスマートフォン/タブレット向けの知育ゲーム「Mobilmo(モビルモ)」。車輪やエンジンといったパーツを組み合わせて乗り物を作り、架空の惑星を探検するシミュレーションゲームだ。牧歌的な見た目とは裏腹に、あえて不親切さを残している。その真意を探った。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る