• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ここがおかしい!?Office 365

Office 365の検索は複雑怪奇

高橋 秀和=ITpro 2017/05/15 ITpro

 メールボックスの整理を怠っていたら、必要なメールがなかなか見つからない。メールを使う上でありがちなトラブルだが、Office 365ではその複雑さに拍車が掛かっている。ローカルとクラウドのクライアントで検索の挙動が異なるからだ。両者の違いを踏まえた上で、複雑怪奇な検索機能を使いこなす手法を身に付けておこう。

 Office 365の検索機能を複雑なものにしているのは、メールのサービスを利用するクライアントが複数ある点だ。ローカルで使うメールクライアントの「Outlook」と、Webブラウザーで使うクライドの「Outlook Web Access(OWA)」の2種類を用意している。OutlookとOWAは見た目だけでなく、検索機能の挙動が違う。

 まず、Outlook 2016を見てみよう。標準では検索するメールボックスの範囲が「現在のメールボックス」になっている。受信トレイ内にサブフォルダーを作ってメールを管理していると、サブフォルダーが検索対象から漏れてしまう。

Outlook 2016の標準状態では「現在のメールボックス」が検索対象。サブフォルダーを作って管理していると検索対象外になってしまう。
[画像のクリックで拡大表示]

 一方のOWAは、標準で「すべてのフォルダー」が検索の対象になる。そのため、検索結果が多くなりやすく、多すぎるとすべては表示してくれない仕様だ。OWAをOutlookと併用するユーザーは、Outlookでは見つからなかったメールがOWAでは見つかった、Outlookで検索できたのにOWAでは出てこない、といった事態に陥りやすい。

Outlook Web Accessは標準で「すべてのフォルダー」が検索対象になる。
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ Outlookの検索オプションが解決への近道
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    専有クラウドはいずれ沈む泥舟

     「ホステッドプライベートクラウド」「プライベートクラウド・アズ・ア・サービス」など呼び方はいくつもあるが、サーバーを1社で専有する専有クラウドの市場が拡大している。国内ではパブリッククラウドを上回るとの予想もある専有クラウドだが、はたして本当に成長するのだろうか。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る