• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ベトナムIT最大手の野望

オフショアよりも自動運転市場、ベトナムIT最大手FPTの新たな狙い

岡部 一詩=日経FinTech 2017/05/11 日経FinTech

 「2017年の10月には、当社の拠点内で自動運転車を走らせる。技術者たちに興味を持ってもらいたいんだ」――。ベトナムのIT最大手であるFPTコーポレーションのチュオン・ザー・ビン会長は、こう明かす。傘下のFPTソフトウェアは、オフショア開発を主軸に成長を続けており、鈍化の兆しはみられない。それでもビン会長は満足しない。デジタル事業を成長の柱に据え、ギアを上げ始めた。

 IoT(インターネット・オブ・シングズ)、ビッグデータ分析、クラウド、モバイルで構成するFPTソフトのデジタル事業は、既に売上高全体の28%を占めている。「デジタル分野で当社はインドに先行している」と、ビン会長は現状に自信をみせる。ただし、デジタルシフトの手を緩める気はない。

FPTソフトウェアの開発拠点「ホアラック・ハイテクパーク」
[画像のクリックで拡大表示]

 FPTソフトは2016年、自動運転のR&D(研究・開発)組織を新設した。ADAS(先進運転支援システム)の開発などを進めており、具体的な名前は明かせないとしながらも、日本や米国の自動車会社との協業を始めているという。2017年10月には、ベトナム・ハノイの開発拠点「ホアラック・ハイテクパーク」で、社員の移動などで使う自動運転車を走らせる。

 自動運転は、将来のFPTソフトを支える重要な事業の種。2020年には、年間2億ドルのビジネスに育て上げる計画だ。同時に、同社が目指す将来像を映す“シンボル”でもある。デジタル事業に注力する姿勢を示し、その発展を支える技術者を惹きつけるための象徴だ。自動運転車を拠点内で走らせるのも、社内の技術者に関心を持ってもらい、スキル変革を促す狙いがある。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ デジタルがこれからの15年を決める
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る