• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Office 365 5つの疑問

“てんこもり”のOffice 365はどんなサービス?

高橋 秀和=ITpro 2017/05/08 ITpro

 「クラウドサービスだから我が社には関係ない」「単なるOffice ソフトの月額利用版では?」といったOffice 365に対する誤解を持つIT担当者は少なくない。Ofiice 365は、ユーザーごとにクラウドサービスやローカルで使うOffice ソフトの使用権を提供するサービスだ。2011年の登場から6年が経過し、提供されるクラウドサービスは、メールやグループウエア、データ共有、さらにはAIを使った行動解析まで広がり、全貌が把握しにくくなった。そこで、Office 365のクラウドサービスとOfficeソフトの使用権を、目的ごとに分類したので順番に見ていこう。

マイクロソフトのクラウドサービス「Office 365」の全体像。このほかにも単体プランのみで購入できる作図ソフト「Visio Pro for Office 365」やコンテンツ保護の「Azure Rights Management」など、組み合わせて利用できる製品/サービスがある。
[画像のクリックで拡大表示]

 クラウドサービスは、大きく「メール/スケジュール」「ファイルなどの情報共有」「Officeスイート」「セキュリティ」「共同作業」「コミュニケーション」「行動・データ分析」に分けられる。Office 365では、契約のプランごとにどのサービスが利用できるかが決まっている。

 Office 365の核となるのは、メール/スケジュールの「Exchage Online」。これに、ファイルなどの情報共有を行う「SharePoint Online」と「OneDrive for Business」、コミュニケーションツールとしてWeb会議やインスタントメッセージングサービスの「Skype for Business」などがよく使われる。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 最近注目を集めるのが、2016年頃から加わった、...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る