• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

週末に遊べるラズパイ

Linuxがどう動くのかがよく分かる!あの「Slackware」をラズパイで味わう

高橋 秀和=ITpro 2017/12/22 ITpro

 まだLinuxが生まれてから2年ほどだった、1993年に登場した最古参のLinuxディストリビューションが「Slackware」です。シンプルさが信条のOSで、600円台からの小型PC「Raspberry Pi(ラズパイ)」にピッタリなOSです。

 Slackwareをラズパイで動かそうとするプロジェクトはいくつかありますが、ここではRaspberry Pi 1/2/3をサポートする「Slackware ARM on a Raspberry Pi(SARPi)」を紹介します。SARPiプロジェクトが手がけており、ラズパイにSlackwareを導入するインストーラーを提供しています。

「Slackware ARM on a Raspberry Pi(SARPi)」の公式サイト
[画像のクリックで拡大表示]

 Slackwareのインストーラーは、キャラクターベースのCUIアプリ。Linuxをインストールする領域を作り、導入するパッケージを細かく選びながらインストールしていきます。Linuxカーネルに複数のライブラリやアプリケーションを組み合わせていく“手作り感”を味わえます。

SARPiをインストール

 SARPiをインストールするには、まず公式サイトにアクセスし、「Downloads」メニューをクリックしてラズパイのバージョンに合ったインストーラーをダウンロードします。

SARPiのダウンロードページ。ラズパイ1/2/3用に分かれているので該当するものを選ぶ
[画像のクリックで拡大表示]

 ラズパイ2/3であれば最新版の「Slackware ARM -current」を選びます。current版はラズパイ1が搭載するCPUに非対応なので「Slackware ARM 14.2」を選択してください。ここではラズパイ3用の「sarpi3-installer_slackcurrent_fd0.img.xz」をダウンロードします。

一番上の「sarpi3-installer~」がインストーラーのイメージファイル
[画像のクリックで拡大表示]

 ダウンロードしたイメージファイルは、Windowsパソコンの場合は「7-Zip」で展開します。展開すると「sarpi3-installer_slackcurrent_fd0.img」ファイルが取り出せます。インストーラーの容量は100Mバイトほどです。このファイルを「Win32 Disk Imager」などのフリーソフトを使ってmicroSDカードに書き込みます。

SARPiの起動イメージをmicroSDカードに展開
[画像のクリックで拡大表示]

 なおインストール後に必要な容量は最大で9Gバイト超に上ります。導入するパッケージを取捨選択すれば8Gバイト以下のmicroSDカードに収まりますが、なるべく16Gバイト以上のmicroSDカードを使うようにしたほうが良いでしょう。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 展開後、ラズパイにSARPiを書き込んだmicr...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る