• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

週末に遊べるラズパイ

ラズパイがファイアウォール付き無線LANルーターに変身、「LEDE」で簡単に

高橋 秀和=ITpro 2017/09/15 ITpro

 4000円台のPCボード「Raspberry Pi(ラズパイ)」をファイアウォール付きの多機能な無線LANルーターに仕立てられるの専用OSが「LEDE」です。ラズパイシリーズで動作するOSイメージを使って簡単に導入できます。

ラズパイを無線LANルーターに仕立てられる「LEDE」の管理画面。
[画像のクリックで拡大表示]

 LEDEは、オープンソースのルーターOS「OpenWrt」の派生品です。ラズパイシリーズで動作するOSイメージファイルを提供しています。本家のOpenWrtはラズパイ3で動作するイメージファイルは提供していません。

LEDEをインストール

 LEDEをインストールするには、まず公式サイトからOSのイメージファイルを入手します。「Downloads」リンクから「Stable Release builds」-「17.01.2」-「targets」-「brcm2708」-「bcm2710」をたどっていくと、2017年9月14日時点の最新版「lede-17.01.2-brcm2708-bcm2710-rpi-3-ext4-sdcard.img.gz」を入手できます。

LEDEのラズパイ向けOSイメージファイルのダウンロードページ。
[画像のクリックで拡大表示]

 ダウンロードしたイメージファイルは、Windowsパソコンの場合は「7-Zip」で展開します。展開後、「Win32 Disk Imager」などのフリーソフトを使ってmicroSDカードに書き込みます。

LEDEのイメージファイルをmicroSDに書き込み。
[画像のクリックで拡大表示]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る