• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

週末に遊べるラズパイ

自宅LANにリモートアクセス、「PiVPN」とラズパイで簡単に

高橋 秀和=ITpro 2017/08/04 ITpro

 外出先で自宅のLANにアクセスしたい。そんな時に便利なのが仮想的なLANを作り出すVPN(Virtual Private Network)です。自動設定ツール「PiVPN」を使うと、600円台からの小型PCボード「Raspberry Pi(ラズパイ)」で、簡単にVPNサーバーを構築できます。

ラズパイをVPNサーバーに仕立てられる「PiVPN」
[画像のクリックで拡大表示]

 PiVPNは、対話式でいくつかの質問に答えるだけでVPNサーバーを構築してくれるツールです。VPNにはさまざまな方式がありますが、PiVPNは「OpenVPN」と呼ぶプロトコルを使います。OpenVPNサーバーは、WindowsやMac OS/macOS、LinuxといったPC系のOSはもちろん、iOSやAndroidといったスマートフォンやタブレット向けのOSからも接続可能です。

PiVPNをインストール

 PiVPNの実体は、VPNサーバーを自動で導入してくれる「シェルスクリプト」です。VPNサーバーにしたいラズパイ上で実行します。Linuxのコマンド実行環境(シェル)で動く、簡易プログラム(スクリプト)として提供されています。

 動作環境は、ラズパイの公式OS「Raspbian(ラズビアン)」です。PiVPNプロジェクトではGUIを省いた軽量版の「Raspbian Lite」を推奨しています。GUI有りのRaspbianでも動作に問題はありません。ここではRaspbian Liteの導入手順を紹介します。

 Raspbian Liteをインストールするには、まずRaspbianの配布ページからイメージファイルを入手します。2017年8月2日時点の最新版は「2017-07-05-raspbian-jessie-lite.zip」です。

ラズパイの公式OS「Raspbian」の軽量版である「Raspbian Lite」をダウンロード。Raspbian Liteは標準ではGUIが導入されないため、サーバー用途に向く。
[画像のクリックで拡大表示]

 次に、イメージファイルを展開してmicroSDに書き込みます。

 イメージファイルはZIP形式の圧縮ファイルです。ダブルクリックで展開すると「2017-07-05-raspbian-jessie-lite.img」というイメージファイルが取り出せます。このファイルを「Win32 Disk Imager」などのフリーソフトを使ってmicroSDカードに書き込みます。

Raspbian LiteのイメージファイルをmicroSDに書き込み。
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ microSDカードをラズパイに差し込んで起動す...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る