• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

週末に遊べるラズパイ

ラズパイでデジタル看板を自作するなら「Screenly」

高橋 秀和=ITpro 2017/07/07 ITpro
ラズパイをデジタルサイネージ端末にする専用OS「Screenly Open Source Edition(OSE)」。静止画や動画像をスケジュールに沿って再生してくれる。
[画像のクリックで拡大表示]

 駅や街を彩る大画面のデジタルサイネージ。静止画や動画、Webサイトなどをスケジュールに沿って再生するのが主な機能です。そのデジタルサイネージ端末をラズパイで簡単に作れるのが専用OSの「Screenly Open Source Edition(OSE)」です。

 Screenly OSEは、ラズパイのOSをGUIで導入できる公式インストーラー「NOOBS(New Out of Box Software)」でインストールできます。FAT形式でフォーマットした8Gバイト以上のmicroSDカードに、公式サイトからNOOBSをダウンロードして展開してください。既にラズパイで使用済みのカードでWindows上で認識しない場合は、SDカードを初期化する「SDフォーマッター」を利用して初期化してからNOOBSをコピーします。

Screenly OSEをインストール

 NOOBSを書き込んだmicroSDカードをラズパイに装着して起動すると、NOOBSのOS選択画面が表示されます。インターネットに接続した状態であれば、「Screenly Open Source Edition(OSE)」が選択肢に現れます。チェックボックスをオンにして「install」ボタンを押すとインストールが始まります。

ラズパイ公式インストーラー「NOOBS」で「Screenly Open Source Edition(OSE)」をインストール。インターネットに接続した状態でScreenly OSEにチェックを入れ、「install」ボタンを押す。
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ インストール完了後に再起動すると、起動画面として...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る