• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

春から始めるノート管理術

ノートやファイルを多層で整理、Office標準OneNoteの実力

塩田 紳二=テクニカルライター 2017/04/14 ITpro

 OneNoteは、マイクロソフト「Office」の1つとして提供されているソフトウエア。ここでは「Office 2016」に含まれる「OneNote 2016」を使って、ノート管理の実力を確認する(画面1)。

 なおOneNoteには、Windows 10に標準添付されるUWP(ユニバーサル Windows プラットフォーム)版やAndroidなどで動作するモバイル版アプリなどがある(画面2、画面3)。これらは基本的に簡易版で、制限や利用できない機能がある。

 また、Webブラウザから利用することも可能だ。OneNoteアプリケーションはWebサイトから無償で入手できる*。

*:マイクロソフトのWebサイト(http://www.onenote.com/download)からダウンロードできる
画面1●OneNoteは、Officeアプリケーションの一つで、Outlookなどと連携できる。例えばOutlookに入れた予定からノートのタイトルや概要情報を設定できる
[画像のクリックで拡大表示]
画面2●Windows 10に付属するUWP版のOneNote。基本的に簡易版となり、機能制限がある
[画像のクリックで拡大表示]
画面3●AndroidやiOSで動作するアプリも簡易版
[画像のクリックで拡大表示]

 OneNoteは、Wordなど他のOfficeアプリに準ずる書式設定や描画機能がある。テキストや画像以外にも、手書きデータ(インク)、ファイル、数式、ビデオ、表などのさまざまなオブジェクトを、基本データ単位となる「ノート」として作成し、管理する。

 またOutlookの予定から会議の概要を取り込んだり、逆にOneNoteからOutlookタスクに自動登録が可能など、Officeアプリ間の連携機能もある。

 もちろん、欠点もある。ローカルファイルを扱う従来型のノート管理の仕組みを、OneDriveというオンラインストレージを介してクラウド化したものであり、同期処理が重く、長時間かかってしまうこともある。

 ビデオなどを入れたページが多いと、ノートブックのサイズが大きくなるので、同期に1時間以上かかることがある。このため、ノートブックのサイズをあまり大きくしないよう、複数のノートに分けるなどの配慮が必要になる。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ ノートのタイプとノート内オブジェクト
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【FinTechを理解するQ&A】

    RegTechとはなんですか?

     RegulationとTechnologyを掛け合わせた造語です。ITを駆使し、煩雑な規制対応を効率化する取り組みを指します。規制が複雑で、当局への報告義務が多岐にわたる金融業界で有効とされ、FinTechと並んで言及されることが多い分野です。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る