• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ここまできたAI記者の実力

高槻 芳=日経コンピュータ 2017/04/11 ITpro

 新聞やテレビ、ニュースサイトなどに掲載する記事を、人工知能(AI)を使って自動作成する「AI記者」の実用化が国内で急速に進んでいる。決算のような数字の羅列を平易な文章にして伝えるという、人間の仕事を肩代わりして大量にこなす。今、AIは記者としてどれほどの力量を持つのか。先行企業の取り組みから実力を明らかにする。

目次

  • 人間とAI記者が一緒に執筆、文章精度上げるウェザーニューズ

     数値を引用しながら書く原稿には人為的なミスが起こりやすい。正確さを期する必要がある箇所は人工知能(AI)が記述し、人間が文章全体を整えるーー。気象情報大手のウェザーニューズは2016年6月から、人間と「AI記者」が役割分担して原稿を仕上げる活用方法を実践している。(2017/4/14)

  • わずか10秒で原稿作成、日経のAI記者「決算サマリー」の衝撃

     日本経済新聞社は2017年1月、AI記者の利用を開始した。企業が開示した決算発表資料から業績データや要点を抽出して記事の体裁に整え、日経電子版などに掲載する「決算サマリー(Beta)」だ。10秒足らずで原稿を完成、1~2分程度でネットに掲載できる。(2017/4/13)

  • 文法に誤りのない天気予報原稿を自動作成、NTTデータのAI記者

     新聞やテレビ、ニュースサイトなどの媒体に掲載する記事を人工知能(AI)により自動作成するシステム、いわゆる「AI記者」の実用化が国内外で進んでいる。本特集では先行企業の事例から、現時点でAI記者がどれほどの力量を持っているのか明らかにする。今回はNTTデータの取り組みを見ていく。(2017/4/12)

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る