• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

クラウドの新常識

ハードを知らないインフラエンジニアが増殖中

島田 優子=日経SYSTEMS 2017/04/20 日経SYSTEMS
出典:日経SYSTEMS 2016年10月号p.44
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 クラウドを導入するユーザー企業と、導入を支援するITベンダーに今、共通している悩みがある。それは「実際にハードウエアやOS、ミドルウエアを扱ってインフラを構築できるエンジニアが社内からいなくなる」ということだ。

 既にITベンダーやユーザー企業内では「実際のインフラを知らないエンジニア」が現れつつある。

 「入社した時からAWSを扱っているため、実際のサーバーやストレージなどを知らない若手のITエンジニアは実際にいる」とNTTデータの岡安一将氏(ビジネスソリューション事業本部 データセンタ&クラウドサービス事業部 開発運用統括部 クラウドインテグレーション担当 課長)は打ち明ける。同氏の所属する部署は、全社横断的にAWSやMicrosoft Azureなどのクラウド導入を支援する部署だ。それでも「ハードウエアやOSなどの知識はインフラエンジニアに必要だと考えている」(岡安氏)。

 プライベートクラウドを利用するJTも情報システム部門であるIT部に、クラウド関連の技術には強いが、実際のサーバーを触った経験がない若手がいる。「IT部門の人員は中途採用で確保しているが、クラウドを利用しているためハードウエアやOSを知らない部員も増えてきており、IT部門としての課題になっている」(日本たばこ産業 IT部次長の藪嵜 清氏)という。

クラウドでもハードの知識は必要

 各社が実際のハードウエアやOSを知っているインフラエンジニアにこだわるのは、「クラウドを利用するのであっても、ハードウエアといったインフラの知識は必要だ」と考えているからだ。

 ITベンダーにとってインフラの知識が必要な理由は大きく二つある。

 一つはクラウドを導入する際にも、サイジングや非機能要件の反映など、オンプレミスのサーバー導入時と同様の作業が必要になるからだ。

 クラウドの売り文句は、「スモールスタートが可能」なこと。一方で、ユーザー企業がクラウドを導入する際には「導入時の予算を確保するために、オンプレミスと同様のサイジングが求められる」とTISの中澤義之氏(プラットフォームサービス事業部 プラットフォームサービス第1部主査)は話す。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 特に既存システムからクラウドにインフラを移行する...
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    日本人SEが外資系ITに大量流出、これでいいのか?

     日本ハムの二刀流こと、大谷翔平選手のメジャー移籍が話題になっている。23歳という年齢は早すぎる気もするが、メジャーを熱望しながらプロ野球界にとどまった経緯を考えれば、当然の流れといえそうだ。もはや「なぜお前もメジャーに行くのか?」と嘆くよりも、大舞台での雄姿を早く見たいのではないだろうか。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る