実録 グローバル化で変貌したIT部門

ブリティッシュ・アメリカン・タバコの挑戦

2017/04/24

 ビジネスの世界で「グローバル化」が叫ばれて久しい。営業や生産拠点を海外で展開するにとどまらず、組織をグローバルで統一し、仕事を進める仕組みをグループ全体で標準化・効率化する動きが目立っている。

 筆者らが所属するブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(BATジャパン)のIT部門も例外ではない。従来は日本で独自にIT戦略を進める「ローカルIT」が基本だったが、本社が2011年に「One IT」と呼ぶコンセプトを打ち出してから、状況が一変。日本のIT部門は、全世界で1500人が所属するグローバルIT組織の一員として位置付けられるようになった。

 この連載ではローカルITからグローバルITへの変革について、BATジャパンのIT部門の経験を基に解説していく。この文をお読みの皆様の会社や組織の多くが、ITのグローバル化に何らかの形で関わっているのではないだろうか。連載でお伝えする内容が、皆様の活動に一助になれば幸いである。

目次

    

    
    

現在のアクセスランキング

ランキング一覧を見る