• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

実録 グローバル化で変貌したIT部門

日本オンリーのIT部門ではムリ! 国をまたがるIT投資の最適化

大内 健一朗=ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン 2017/04/27 ITpro

 この連載では、筆者らが所属するブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(BATジャパン)のIT部門が、日本で独自にIT戦略を進める「ローカルIT」から全世界のIT戦略に基づく「グローバルIT」へと、どのように舵を切ったかを説明している。

 第1回ではIT組織、第2回ではプロジェクトの進め方、第3回ではITインフラを中心に取り上げた。

 今回はBATでのグローバルITとローカルITの関係について説明する。

リージョン単位でIT投資・予算管理

 まずBATのIT組織の全体像を確認しておこう。2回で掲載した図を再掲する(図1)。

図1●BATのグローバル組織構造
[画像のクリックで拡大表示]

 グローバルIT組織は、本社がある英国に置いている。主要なアプリケーションやITインフラのサポートベンダーの選定、基幹システムの刷新といった、グループ全体に関わるITの意思決定をここで行う。

 BATでは世界各国をリージョンという地域に分けている。リージョン組織は、国をまたぐプロジェクトのポートフォリオ管理やIT投資・予算管理を担う。筆者はアジア太平洋リージョンのITプランニングを担当しており、日本を含む約20カ国のIT部門を支援している。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【VoLTEの謎】

    格安スマホでもVoLTEは使える?

     最近はMVNOが提供する格安スマートフォン(スマホ)を利用する人が増えています。こうした格安スマホのユーザーでも新しい音声通話技術である「VoLTE」は使えるのでしょうか。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る