• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

東京五輪のワクワクIT

島田 優子=日経SYSTEMS 2017/03/27 日経SYSTEMS

 2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックに向け、IT企業各社が得意分野に磨きをかけている。

 東京オリンピック・パラリンピックそのものを支えるITに加え、安心・安全、スポーツ・エンタテインメント、街づくり、環境など様々な分野でITの活用が動き出している。

 最先端の技術やサービスを提供しようとするIT企業各社の取り組みを伝える。

目次

  • テストは20万時間、東京五輪ITシステムの舞台裏

     あと3年に迫った2020年の東京オリンピック・パラリンピック。「絶対に遅れることはできないし、稼働後の不具合も許されない」という五輪向けのシステムをどう構築しているのか。欧州Atosで東京五輪向けシステム構築プロジェクトを率いるセイレッシュ・チョーハン氏にプロジェクトマネジメントのポイントを聞いた…(2017/5/26)

  • 東京五輪のITシステム、開発者が明かすその全貌

     2020年の東京五輪まであと3年と迫った今、東京五輪向けのシステム構築プロジェクトはどのような状況にあるのか。プロジェクトを統括するフランスのIT企業Atosで東京五輪向けのプロジェクトを率いる担当者にプロジェクトの全貌と現状を聞いた。(2017/5/25)

  • 体操の採点は人間からITへ!?富士通が五輪向けに3Dセンサー駆使

     富士通は2020年に向けて、こうした問題を解決するためのシステム開発に取り組んでいる。3Dレーザーセンサーを利用して選手の動きを捉え、骨格などから技を認識する方法で採点システムを実現する計画だ。(2017/3/30)

  • 「カーリングのストーンの気持ち」をVRで、NTTは五輪観戦に新体験

     あと3年に迫った東京オリンピック・パラリンピック。NTTは2014年7月に2020年に向けて「新ビジネス推進室」の中に専門組織を作り、現在はNTTグループ全体から約50人のメンバーが集まって、2020年に向けた技術やサービスの開発を進めている。(2017/3/29)

  • 五輪の安心・安全は「顔パス」、NECが40年の集大成

     東京オリンピック(五輪)・パラリンピックで2017年3月現在、スポンサー契約を結んでいる国内IT企業はNEC、NTT、富士通の3社だ。オリンピックまであと3年と迫ったこれらの企業の取り組みを見てみよう。(2017/3/28)

  • 五輪効果は32兆円、走り出すIT企業

     2020年の東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの開催まであと3年だ。2017年3月6日には東京都が、招致決定の2013年からの10年間で東京五輪・パラリンピックの経済効果は32兆円になるとの試算を発表。こうした市場を狙い、IT企業も動き出している。(2017/3/27)

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る