• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ゼロから挑戦!IoT開発

夢と希望に溢れたIoTの企画は失敗する

五味 弘=沖電気工業 2017/03/29 ITpro

 IoT(インターネット・オブ・シングズ)の製品やサービスを企画するのは楽しい。

 人がどこに居るか、車がどこを走っているか、荷物がどこにあるか。そのときの人や車、荷物はどんな状態なのか。これらは今後どんな行動をするのか。IoTは、IoTデバイス(モノ)から得た情報をこねくり回して、新しい体験(コト)を約束する。そして体験が集まれば、それは有益な情報が詰まったビッグデータ(ネタ)になり、新しい商売につながる(図1)。

図1●IoTが目指す企画の姿
[画像のクリックで拡大表示]

 新しいサービスを考え、多くのユーザーが使う未来を考えるのは、エンジニアにとって至上の喜びである。そこには夢と希望がある。そこではどんな誇大妄想な企画でも、どんな無茶な要求でも叶えたくなる雰囲気になる。

 だが、そこに落とし穴がある。IoTへの要求が際限なく広がり、技術やコストの面で無理難題な企画が通ってしまえば、その先は失敗しかない。一度夢破れれば、その組織ではIoTという言葉が禁句になってしまう。

 今回は、IoTを成功に導く「IoTの企画」の作り方を紹介しよう。

IoTの企画とは

 IoTの企画を見ていく前に、従来の製品企画からおさらいしよう。企画ではまずお金のやりとりを考え、次にモノとコト、つまりシステム構成と提供するサービスやその流れを決めていく。

 従来の業務システムはオンプレミス(構内)システムであることが多く、サーバーやクライアント機器、各種周辺機器、ネットワークなどは、自分たちが管理し制御できる構内に配置されることが多かった。この閉じた世界の静的な環境で、サービスを企画していた。システムの使われ方もデータの量や質も性能も障害対応も全部決まっていた。

 これに対してIoTは、使われるデバイスは種々雑多であり、インターネット上でIoTデバイスのセンサー情報などが大量に、そして多くは非定型なデータとしてやりとりをする。ITシステムも、オンプレミスのように手の内にあるとは限らない。

 IoTの企画では、開いた世界で動的に変わる「モノ」と、様々な使い方をする「コト」をそれぞれ企画しなければならない。

 IoTでは、モノ(IoT機器)ではなく、コト(サービスや体験)の企画が中心になる。そしてコトにより集まってくるビッグデータなどの「ネタ」をどのように使うかの企画をする。モノ作り企業がIoTに取り組むとすれば、戦略策定をモノからコト、ネタへと重点を移行させる必要がある。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ IoT企画のコツ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る