• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

デキるエンジニアが転職する理由

強いRubyが、クックパッドを強くする――Rubyコミッター笹田氏の場合

八木 玲子=コンピュータ・ネットワーク局教育事業部 2017/03/10 ITpro

 今、エンジニアが身に付けるべきスキルは何か。本連載では、最近転職した高スキルのエンジニア、およびその人を採用した側へのインタビューを通じて、「優秀なエンジニアが身に付けたいスキルはどんなものか、なぜそれを身に付けたいと思ったか」「企業が今、エンジニアに求めるスキルは何か」に迫る。

 第1回に登場するエンジニアは、オープンソースのプログラミング言語「Ruby」のコミッターである笹田耕一氏。同氏は2017年1月、クックパッドに転職した。笹田氏に転職を決意させたものは、何だったのか。


 国内最大級のレシピ情報サイトを運営するクックパッド。2017年1月、オープンソースのプログラミング言語「Ruby」のコミッターである笹田耕一氏を社員に迎えた。コミッターとは、システムのソースコードなどを管理するデータベース(リポジトリ)に、変更を加える権限を持つ開発者のことだ。

 笹田氏はRuby言語処理系の主要開発者の一人として、Rubyの性能改善に大きな役割を果たしてきた。今後はクックパッドの業務として、Rubyのコミッターの活動を続ける。

 「Rubyが良いものであり続けることは、クックパッドにとって大事なこと」。こう話すのは、クックパッドの執行役CTO(最高技術責任者)である成田一生氏。米ヘロク(Heroku)に勤務していた笹田氏に、熱心なラブコールを送った。オファーを受けた笹田氏も「クックパッドに入れば、既に動いているソースコードを使ってRubyを改善できる」と魅力を感じ、移籍が実現した。

クックパッド 技術部 エンジニアの笹田耕一氏(右)と、執行役 最高技術責任者の成田一生氏
(撮影:八木 玲子)
[画像のクリックで拡大表示]

クックパッドの99%はRubyでできている

 クックパッドがサービス開発にRubyを採用し始めたのは2007年ごろ。「開発効率が高く、少ない工数でサービスを作れる。リリース後にも、ユーザーのフィードバックを受けて素早く改善できる」(成田氏)ことを評価した。今では、クックパッドのソースコードの99%はRubyで書かれているという。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ つまりクックパッドにとっては、Rubyの品質自体...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【宅配ピンチ】

    宅配ボックスが歩いてくる

     ITを活用した常識破りの宅配方式で過剰サービス問題に挑む企業はほかにもある。2017年5月設立のMagicalMove。ソフトバンクグループで新規事業を手掛けるSBイノベンチャーが設立した。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る