• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

わたしの働き方改革

戸川 尚樹=ITpro 兼 日経ITイノベーターズ 2017/03/13 ITpro

 「働き方改革」の波が押し寄せている。IT企業にも、ムダな長時間残業を是正し、より柔軟なワークスタイルを選択できる環境作りが求められている。

 では実際、いまIT企業で働く人たちは、どのような「働き方」をしているのだろう。このコラムでは、「働き方」の今をインタビューで解き明かす。

目次

  • “特別扱い”せず任せてくれる上司に感謝

     富士通でITソリューションの営業を担当する吉江裕紀子氏。家庭の事情で、仕事を続けるべきかどうか少しだけ悩んだこともあるという。どのようにそれを払拭したのか。夫が単身赴任中の同氏が、これからのワークスタイルについて思うこと。(2017/6/19)

  • 「現状を変えてくれそう」という顧客の声が励みに

     富士通に入社して以来、一貫して自動車業界を対象にしたITソリューションの営業畑を歩んできた吉江裕紀子氏。チームリーダーの仕事と子育てを両立させるため、日々どのようなことを意識して仕事に臨んでいるのか。(2017/6/12)

  • 保育園が決まらず、「復帰できるか」と不安になったことも

     子供を持つ働く女性にとって大切な存在といえば保育園。日本IBMの竹田千恵氏は過去、保育園探しに苦労したという。そんな彼女は今年から、女性が活躍しやすくなるような活動にも力を入れ始めた。(2017/6/5)

  • 悩みも苦労もなく、順風満帆すぎるほうが怖い

     技術力を武器に提案営業活動を長年続けているプロフェッショナル。それが日本IBMの竹田千恵氏だ。“ストレージ愛”にあふれる女性技術者として活躍し、2016年には社長賞を獲得した。(2017/5/29)

  • 課長昇進前はネガティブに、悩みを晴らした一言とは?

     SEとして順調に仕事を進め、課長代理になったNTTデータの二十軒悠里氏。だが課長に昇進する前は、自分の身の振り方について悩み、自分でも意外なほどネガティブになったという。(2017/5/22)

  • 「メンバーと何かを作り上げる」にやりがいと面白さ

     農学部の大学院を卒業後、人と接する仕事を求めてNTTデータに入社。NTTデータのSEである二十軒悠里氏は、公共サービス系の顧客向けシステム開発の現場でリーダーを務める。大学時代に熱中していたチアリーディングのように、笑顔でチームをリードするのがモットーだ。(2017/5/15)

  • 3度の産休は良い充電期間に、自由な働き方を実践

     日本オラクルのサービスクラウドソリューション部部長を務める平井輝恵氏。仕事と育児のバランスをどう取っているのだろうか。(2017/5/8)

  • 開発、営業、3回の産休をへてマネジャーに

     新卒で日本オラクルに入社した平井輝恵氏。オラクル一筋約20年。育児休暇を3回取得しながら、15年近くセールス部門で働き、2016年6月にサービスクラウドソリューション部部長に就いた。モーレツなキャリアウーマンなのか。その働きぶりは?(2017/4/24)

  • 伝えやすいカルチャーを作る、働き方改革の第一歩

     働く母親の姿は、子供を育てる。それはいつの時代も変わらない。アクセンチュアの小野砂知子氏は、そのことを最近実感している。(2017/4/17)

  • 仕事と育児の悩み、“寝かせる”ことで解消

     仕事の達成感は、顧客からの「ありがとう」。そのためにアクセンチュアの小野砂知子氏が日々心がけていることがある。(2017/4/10)

  • 「キャリアがカラフルでいいじゃない」に救われる

     出産でアクセンチュアを退社。専業主婦や個人コンサルなどの経験をへた後、約15年ぶりにアクセンチュアに再入社した小野砂知子氏。アクセンチュアのデジタルコンサルティング本部でセールス担当のシニア・マネジャーを務める同氏は、仕事と家庭をどう両立させているのか。(2017/4/3)

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る