• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

恐怖!ダークWeb

次のサイバー犯罪は何?ダークWebの取引商品から読み解く

岩井 博樹=デロイト トーマツ サイバーセキュリティ先端研究所 主任研究員 2017/03/02 日経コンピュータ

 一般の検索エンジンでは見つからず、「Torブラウザー」という専用ソフトからでしかアクセスできないダークWeb。海賊版ソフトウエアや違法ドラッグ、武器など、様々な違法商品が売買されている。

 ダークWebで扱われる商品のトレンドは、新たな詐欺手口を予測するのにも役立つ。また、購入者数が多ければ多いほど犯罪件数の増大が推察できる。そのため、多くのサイバー・スレット(脅威)・インテリジェンスの分析官や研究者、法執行機関はこれらの動きに注目をしているのだ。

 第2回は筆者のリサーチを基に、いくつか紹介していこう。

注目集まるヘルスケア情報

 ダークWeb上では個人情報も多く取り扱われている。その中で、近年注目を集めていたのがメディカルレコード(医療情報)だ。

 これらの情報には著名人の個人情報が含まれていることも多く、比較的高値で取り引きされていた。一般には米国や欧州のものが中心だ。最近では米国の個人情報の売買は珍しいものではないため、下図のようにデータベースそのものを売買するケースが増えている。

米ミズーリ州にある病院の4万8000人分の医療情報データベースが15ビットコイン売られている例
(出所:TheRealDeal)
[画像のクリックで拡大表示]

 医療情報は一時期、人気商品の一つとされていたが、最近では1人当たりの情報単価が下がっているとの報告もある。そのため、データベースを商品化するケースも散見されるようになってきている。

 個人情報の単価が下がってくると、バイヤーは抱き合わせ販売を試みる。従来の医療情報に加え、保険情報や運転免許証などを付加するわけだ。犯罪組織からすれば「オレオレ詐欺」のような特定個人になりすます詐欺を働く場合、個人の特徴情報を多く保有していたほうが有利だ。その観点では、お買い得のセット商品といえるだろう。

医療情報に加え、他の個人情報がセットで売られている例
(出所:AlphaBay Market)
[画像のクリックで拡大表示]

不動の人気、フリーメールアカウント

 アンダーグラウンドマーケットでいつの時代も人気なのが、フリーメールやオンラインストレージなどのサービスのユーザー認証情報だ。最近では中国の主要サービスプロバイダーのアカウント情報が売りに出され話題になった。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【VoLTEの謎】

    格安スマホでもVoLTEは使える?

     最近はMVNOが提供する格安スマートフォン(スマホ)を利用する人が増えています。こうした格安スマホのユーザーでも新しい音声通話技術である「VoLTE」は使えるのでしょうか。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る