• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Active Directory基礎の基礎

Active Directoryのグループポリシー活用術

鈴木 大輔、小野 雄太=リコージャパン 2017/03/07 日経NETWORK
出典:日経NETWORK 2014年10月号pp.92-93
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 社内で稼働中のクライアントパソコンに、新しく導入するソフトウエアをまとめて配布する場合には、Active Directoryのグループポリシーを活用すると便利だ。

 まずは配布したいソフト(msiファイルやcabファイル)を用意する。

 準備ができたら、グループポリシーの設定に移ろう。最初にドメインコントローラーで、新しいグループ・ポリシー・オブジェクト(GPO)を作成する。GPOには「Visio Viewer 2013 の展開」など適当な名前を付けておこう。

 GPOを右クリックしてメニューから「編集」を選び、「グループポリシー管理エディター」を開く(図3の(1))。

図3●ファイル配布用のグループポリシーを作成する
グループポリシー管理エディターの「コンピューターの構成」にある、「ソフトウェアインストール」というグループポリシーを利用する。
[画像のクリックで拡大表示]

 利用するグループポリシーは「コンピューターの構成」にある、「ソフトウェアインストール」だ。「コンピューターの構成」を、「ポリシー」→「ソフトウェアの設定」とたどって、「ソフトウェアインストール」を選択する(同(2))。

 続いて、画面右の空白部分で右クリックし、メニューで「新規作成」→「パッケージ」をクリック(同(3))。すると、「.msi」ファイルを選択する「開く」画面が現れる。先ほどファイルサーバーの共有フォルダーに配置した「vviewer.msi」を選択して「開く」ボタンをクリック(同(4)(5))。次に「ソフトウェアの展開」という画面が出てくるので、「割り当て」を選んで「OK」を押す(同(6))。

 最後に、適切な管理単位(OU:Organizational Unitなど)に、この「Visio Viewer 2013 の展開」GPOをリンクさせる(同(7))。なお、このグループポリシーは「コンピューターの構成」なので、OUなどの管理単位にコンピュータを所属させておく必要がある。

ファイルの場所はUNCパスで指定

 ここでのポイントは、必ず「UNCパス」で「.msi」ファイルの場所を指定することだ。UNCパスとは、Windowsネットワークにつながっているコンピュータのフォルダーやファイルなどのリソースを表すパス。「\\ws12-fs1\share」といった形式で表記される。

▼UNC
Universal Naming Conventionの略。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る