• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

新説・パスワードとはこう付き合う

パスワードの定期変更に意味はあるのか?

清嶋 直樹=日経コンピュータ 2017/03/03 日経コンピュータ

 横浜市(写真1)で2016年12月8日、システム障害のために住民窓口を訪れた市民にマイナンバーカード(個人番号カード)を交付できなくなるトラブルがあった。来庁した1208人がカードを受け取れず、郵送か再度来庁して受け取ることになった。

写真1●横浜市役所
[画像のクリックで拡大表示]

 このシステム障害では、カード交付業務に必要な住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)の「コミュニケーションサーバー(CS)」が正常稼働しなくなった。後に、定期的に実施しているパスワード変更作業のミスが原因だと判明した。

パスワード変更作業中に障害発生

 横浜市総務局住民情報システム課の説明によれば、住基ネットCSの運用手順書のうち、パスワード変更に関わるものだけで6ページもある。住基ネットCS内部ではアプリケーションやミドルウエアなどによって数種類のパスワードがある。このそれぞれについて「ミドルウエアを停止する」「パスワードを変更する」「ミドルウエアを再度立ち上げる」といった手順を繰り返す。

 12月7日夜に、この手順の一つでミスがあり、住基ネットCS全体が稼働しない状況に陥った。原因はすぐには判明せず、翌8日の窓口業務に影響が及んだ。

 そもそもパスワードの定期変更は必要なのか。住民情報システム課は「(住基ネット全体を運営する)地方公共団体情報システム機構(J-LIS)の規定と、市の規定の両方で、パスワードの定期変更が定められている。約373万人の市民の情報を預かっている以上、セキュリティ対策はきちんとしなければならない」と説明する。定期変更を見直す考えはないという。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 定期変更不要論も
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る