• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

FinTechの知財

Apple Payで使われている特許の中身は? FinTechでは海外動向も注視すべき

北島 隆次、大石 幸雄=TMI総合法律事務所 2017/03/01 日経FinTech

 前回は、日本において近年登録されたFinTech関連の特許の事例を紹介しました。FinTechビジネスは、国際的に展開されることも多いかと思います。その場合、日本だけではなく、外国の特許も留意する必要があります。今回は、外国におけるFinTech関連特許の事例を紹介します。

 なお、ここでご紹介する内容は簡略化したものであり、特許の正確な内容を示してはいません。正確な内容は、米国特許商標庁のWebサイトなどで確認してください。

Apple Payの特許は

 FinTechビジネスにおいて、決済サービスは注目されている分野の一つです。注目されている分野であるからこそ、特許の価値はとても高いものとなり得ます。

 最初に紹介するのは、決済サービス「Apple Pay」を提供する米アップルが取得した米国特許第8140418号です。

(出典:米国特許第8140418号公報)
[画像のクリックで拡大表示]

 米国特許第8140418号の特徴は以下の通りです。例えばオンラインショッピングサイトなどにおいて、クレジットカードを利用した決済が行われると、その決済の承認要求が電子装置(例えばスマートフォン)に送信されます(画面1-1)。ユーザーが、この承認要求に応じて操作すると、その操作に応じた応答が生成されます(画面1-2)。一方、ユーザーが操作しなかった場合は、自動的に応答が生成されます。自動的に生成される応答は、例えば、あらかじめユーザーが設定しておくことが可能です(画面1-3)。

 決済サービス「Android Pay」を提供する米グーグルが取得した米国特許第9390414号についても紹介しましょう。

(出典:米国特許第9390414号公報)
[画像のクリックで拡大表示]

 米国特許第9390414号の特徴は以下の通りです。携帯端末(例えばスマートフォン)は、アンテナを備える非接触通信デバイスによって非接触決済を行う機能を備えています。ここで、非接触通信デバイスは、画面が非アクティブである(例えばロックされている)場合は、非アクティブの状態とされています。

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ この状態では、非接触決済はできません。画面がアク...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    システム開発の計上に新ルール、JISAが準備呼びかけ

     情報サービス産業協会(JISA)は2017年3月22日、「情報サービス産業におけるIFRS第15号会計処理事例集(以下、事例集)」を公開した。IFRS(国際会計基準)が定める売上高の計上基準「IFRS15号」にのっとって、受託開発やクラウドサービスの会計処理を実施するための参考資料となる文書だ。

  • 【東京五輪のワクワクIT】

    五輪効果は32兆円、走り出すIT企業

     2020年の東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの開催まであと3年だ。2017年3月6日には東京都が、招致決定の2013年からの10年間で東京五輪・パラリンピックの経済効果は32兆円になるとの試算を発表。こうした市場を狙い、IT企業も動き出している。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る