• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

携帯電話は「経済圏」争いへ

榊原 康=日経コミュニケーション 2017/02/20 日経コミュニケーション
出典:日経コミュニケーション 2017年2月号pp.14-29
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 市場の成熟化と競争の同質化が深刻となってきた携帯電話業界。総務省の指針で大手3社間の派手な顧客争奪戦は影を潜め、既存顧客重視にシフトしつつある。代わりに力を入れるのはポイントを基軸とした「経済圏」の確立。顧客の囲い込みを強化すると同時に、新たな収益源の拡大を狙う。

目次

  • 「顧客との密着度を高めてau経済圏を拡大」、KDDIの高橋副社長

     KDDI(au)は2016年5月に発表した中期経営戦略で「国内通信事業の持続的成長」「au経済圏の最大化」「グローバル事業の積極展開」の3つを今後の柱に掲げた。同社の高橋誠・代表取締役執行役員副社長に、新しい戦略の狙いや今後の課題などを聞いた。(2017/2/22)

  • 「+dで作り上げる生活圏の心地良さで勝負」、ドコモの阿佐美副社長

     NTTドコモは2015年4月に発表した中期経営戦略で「通信事業の早期回復」と「協創による価値創造」を掲げた。従来の顧客獲得競争から脱却し、様々なパートナーとのコラボレーションで新たな付加価値を創造する「+d」の取り組みを推進していくとした。同社の阿佐美弘恭・代表取締役副社長に、+dとdポイントの狙…(2017/2/21)

  • 携帯電話大手3社の競争に異変、流動性が一気に低下

     携帯電話大手3社が大きな節目を迎えている。差異化を打ち出しにくいばかりか、足元では市場の飽和も鮮明になってきたからだ。次なる目標は「経済圏」の確立。数千万規模の顧客基盤と認証・決済プラットフォームを武器に、ユーザーのあらゆる消費を取り込もうとする動きが進む。(2017/2/20)

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る