• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

業務パッケージでもAI

島田 優子=日経SYSTEMS 2017/02/20 日経SYSTEMS

 人工知能(AI)を取り入れたERP(統合基幹業務システム)やSaaSが相次ぎ登場している。AIによる入力支援機能や、導入作業の自動化機能などはすでに実用化段階に入る。

 企業の業務を支えるアプリケーションのどのような機能にAIは適用できるのか。急速に進化する業務アプリケーションのAI機能から、業務システムへのAIの適用方法を探る。

目次

  • ERPのAI活用、やっぱりデータが命

     AI(人工知能)を搭載した業務パッケージやSaaSを導入する場合、AIを活用するためのデータの精度向上やモデルの作成に時間がかかる、導入プロジェクトにはデータサイエンティストが必要になる、などこれまでの業務パッケージやSaaSといくつか異なる点があることに注意が必要だ。(2017/2/22)

  • AIの得意分野は「人探し」

     AIを取り込んで実現しようとしている機能の方向性は二つある。一つは、AIを利用しないと実現できない機能の提供、もう一つがこれまでの業務パッケージやSaaSが持つ機能をAIで改善しようというものだ(2017/2/21)

  • 「基幹系」と「AI」の意外な関係

     会計や販売、生産、人事など業務を支える業務システムにもAI(人工知能)を取り入れようとする動きが加速している。AIを取り入れた業務システム向けのパッケージソフトやSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)が相次ぎ登場する。(2017/2/20)

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る