• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

安納順一のPowerShell Tips

実行結果は文字列ではなく、参照や操作が可能

安納 順一=日本マイクロソフト 2017/01/12 日経NETWORK
出典:日経NETWORK 2016年12月号pp.18-19
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 今回はPowerShellのコマンドレット(コマンド)の実行結果として得られる値(戻り値)について解説したい。一般的なスクリプト言語だと、戻り値は文字列(テキスト)。得られた結果を加工する場合は文字を解析して必要なデータを取り出す。

 これに対しPowerShellの戻り値は「オブジェクト」で、様々な操作ができる。オブジェクトとは、関連するデータと処理を固まりにしたもの。以下を試してみよう。

Get-Command

を実行すると、使用可能なコマンドの一覧が表示される。次に

$result = Get-Command

として実行結果を変数に格納する。「$」で始まる文字列は変数を意味する。今度は画面には何も表示されない。結果が$resultに格納されたからだ。ここで

$result

と入力すると、Get-Commandの結果が表示される。$resultに文字列が格納されていると思われるかもしれないが、

$result.Count

を実行すると、今度は数値が表示される(図1)。これは「$result」という変数に格納されているのがオブジェクトであるためだ。「Count」というプロパティ(属性)を指定することで、このオブジェクトに含まれる情報の一つである結果の数(今回の例だとコマンドの数)を参照できる。このように、コマンドの実行結果に対して処理を実行できる。処理を呼び出す方法として、プロパティやメソッド(操作)などがオブジェクトごとに存在する。一見するとプロパティは処理ではなく、属性情報そのもののように思える。しかし実際には、情報を取り出す処理と情報を設定する処理を実行している。メソッドはオブジェクトが実行できる処理を指定する。これらをまとめて「メンバー」と呼ぶ。

図1●Get-Commandの実行結果を操作する
PowerShellではコマンドの実行結果は文字列ではなく、様々な操作が可能な「オブジェクト」である。ここではコマンド「Get-Command」の実行結果を変数「$result」に格納して、「Count」というプロパティ(属性)を表示させている。
[画像のクリックで拡大表示]
▼結果の数
「Count」はGet-Commandの戻り値におけるプロパティの一つ。ほぼすべてのコマンドの戻り値で利用できる。

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ メンバーを「Get-Member」で知る
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【グルメサイトRettyのAI舞台裏】

    RettyはAI基盤をアキバで調達

     実名型口コミのグルメ情報サービスRettyでは、独自のAI開発に取り組み、従来人手に頼ってきた仕事を着々とAI(人工知能)に置き換えています。インターンシップのコストや人件費は別として、AI基盤に投じたのは約50万円のみです。今回は、RettyでどのようにAI基盤を構築したかについて紹介します。

  • 【ニュース解説】

    損保ジャパン、要件定義に4年がかり

     損害保険ジャパン日本興亜が、基幹システムの再構築プロジェクトを本格化させる。まもなく要件定義が完了し、2017年5月に基本設計を始める。基幹システム再構築の準備を始めたのは2013年4月。要件定義の完了までに丸4年をかけた計算になる。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る