• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

「みんなのラズパイコンテスト2016」全受賞作品

見たいところに目が届くヘッドマウントディスプレイをラズパイで製作

[優秀賞] 受賞者:HomeMadeGarbage(チーム)

岡地 伸晃=日経Linux 2017/01/18 日経Linux
出典:ラズパイマガジン 2017年2月号p.76
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 「遊EYE離脱」は、ヘッドマウントディスプレイに内視鏡型カメラを組み合わせたラズパイ電子工作です(図1)。ヘッドセットのディスプレイにはRaspberry Pi 3を用いており、右目用と左目用に同一の映像を表示します。カメラは内視鏡なのでさまざまな方向に向けることができ、まるで目が体から離脱したような感覚を味わえます。鏡やカメラ無しには見られなかった自分の頭や、耳の中などを見ることもできます(図2)。

図1●VRゴーグルにラズパイ、バッテリー、液晶ディスプレイを組み合わせた
[画像のクリックで拡大表示]
図2●ヘアチェックなどが簡単にできる
[画像のクリックで拡大表示]

 仕組みとしては、モバイルバッテリーで給電したRaspberry Pi 3に内視鏡カメラとシャープの7インチIGZOディスプレイを接続しています。ディスプレイに左右の目用に同じ映像を二つ表示し、加工した市販のVRゴーグルを通して見ます。

 常々、自分を俯瞰で見てみたいという思いがあり、制作に取りかかりました。Raspberry Pi Zeroでは2画面同時にリアルタイム表示するには処理能力が足りず、最終的にラズパイ3を採用しました。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る