• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

「みんなのラズパイコンテスト2016」全受賞作品

ペンを運んでくれる自走ラズパイロボット、モーターを動かす回路で苦労

[学生賞] 受賞者:森 煌貴さん(小学生)

高橋 秀和=日経Linux 2017/01/12 日経Linux
出典:ラズパイマガジン 2017年2月号p.69
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 ペンを運んでくれるロボットです(図1)。スペースキーを押すとペンを運んできてくれます。ペンを受け取った後に、頭のボタンを押すと元の位置に戻ります。タミヤのタンク工作基本セットを、Raspberry Pi 2 Model Bとモータードライバー(TOSHIBA TA7291P)で駆動しています。

図1●ペン立てロボットの構成要素
走行部の電源を別途補うことで動作速度を上げている。
[画像のクリックで拡大表示]

 Pepper君みたいなロボットが作りたいと思い、ロボットの体は白い紙コップにしました。手が青いのはドラえもんを意識しています。目としてLEDを付け、動作中に光るようにしています。頭にはタクトスイッチのボタンを付け、押すと元の位置に戻る仕組みです。

 工夫したのは、単三の充電池を追加することで動きを速めたところです。最初に組み立てて動かしたとき、思ったよりゆっくりとしか動きませんでした。電池をもう1本追加したところ、気持ち良く動くようになりました。

 難しかったのは、モーターを動かす回路です。動き方を決め、Scratchでプログラミングするところまでは順調でしたが、そこでつまずきました。叔父にアドバイスしてもらいながら、母に手伝ってもらって作りました。

図2●ペン立てロボットの使い方
ラズパイにつないだキーボードのスペースキーを押すとペンを運んできてくれる。頭のボタンで感謝を伝えると、元の位置に戻る。動画はこちらで公開。
[画像のクリックで拡大表示]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る