• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

CES 2017速報

狭額縁ながらディスプレイが360度回転、米デルが「XPS 13 2-in-1」発表

山口 健太=フリーランスジャーナリスト 2017/01/05 ITpro

 米デルは2017年1月3日(現地時間)、米ラスベガスで開催している「CES 2017」のプレイベントにおいて、「XPS 13 2-in-1」などパソコン関連の新製品を出展した(写真1)。

写真1●XPS 13 2-in-1
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 「XPS 13 2-in-1」は、クラムシェル形ノート「XPS 13」の2-in-1モデル。液晶周囲のベゼルが狭額縁の「InfinityEdge」はXPS 13と同様で、ディスプレイを360度回転させることでタブレットに変形する機構を備えた。デルによれば13型の2-in-1としては世界最小という。

 画面は13.3型のQHD+(3200×1800ドット)またはフルHD(1920×1080ドット)で、タッチ操作に対応する。一般的な360度回転式ノートと同様に、ヒンジを開く角度によりタブレット、テント、ラップトップ、スタンドの4つのモードで利用できる(写真2、3)。オプションの「Dell Active Pen」は2048段階の筆圧検知に対応し、「Windows Ink」のペン入力アプリを利用できる。

写真2●360度回転式のヒンジを新たに搭載した
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●ヒンジの角度により4つのモードを利用可能
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ CPUには第7世代Coreプロセッサー(Yシリー...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る