• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

CES 2017速報

レノボがAmazon Alexa対応の操作デバイスなどを発表

山口 健太=フリーランスジャーナリスト 2017/01/04 ITpro

 中国レノボは2017年1月3日、米ラスベガスで開催している「CES 2017」のプレイベントに出展し、音声で家庭内の機器を操作するデバイス「Lenovo Smart Assistant」などの新製品を発表した。

 「Lenovo Smart Assistant」は、家庭用のスマートアシスタントデバイス(写真1)。開発にあたっては米Amazon.comとコラボレーションした。音声コマンドで様々な機能を利用できる「Amazon Alexa」に対応する。

写真1●Lenovo Smart Assistant
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 音声コマンドで利用できる機能としては、Web検索や音楽再生、リスト作成やカレンダーなど。クラウドから提供するAlexaの機能強化に応じて、Lenovo Smart Assistantで利用できる機能も強化されるとした。また、レノボ製のスマートホームデバイスの制御にも対応する。

 本体には、合計8個の360度(Far Field)マイクを搭載(写真2)。ノイズ除去やエコーキャンセル機能を備え、最大5メートルの距離からユーザーの音声コマンドを認識できる。自宅外からは、iOSまたはAndroid用のAmazon Alexaアプリを使って操作する。

写真2●8個のマイクでユーザーの音声コマンドを認識
[画像のクリックで拡大表示]

 本体には5ワットのスピーカーに加え、10ワットのウーファーを搭載。重量は760g。通信機能としてはWi-FiおよびBluetooth 4.0に対応。プロセッサーとしてIntel Celeron N3060、メモリーは2GB、ストレージは8GBを搭載する。

 本体カラーはライトグレー、グリーン、オレンジの3色。ほかに上位モデルとしてスピーカーを強化した「Harman Kardon」モデル(ダークグレー)も用意する(写真3)。

写真3●Harman Kardonモデル
(出所:中国レノボ)
[画像のクリックで拡大表示]

 米国におけるLenovo Smart Assistantの価格は129.99ドルから、Harman Kardonモデルは179.99ドルから。いずれも2017年5月に発売を予定する。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 最大6TBのストレージ「Lenovo Smart...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【QRコード大増殖】

    銀行窓口での対応時間、QR伝票で3分に

     西日本シティ銀行は、QRコードで窓口業務の混雑を一変させた。入出金や振り込み、納税、両替の手続き時に窓口へ提出する伝票をWebサイトで作成できる「伝票作成WEBサービス」がそれだ。窓口の取引1件当たりの処理時間を4割減らし、月末に頻発していた振り込みの着金遅延も解消した。

  • 【記者の眼】

    マイナンバーの行く手に見えてきた厄介な課題

     ついにマイナンバー制度の情報連携とマイナポータルの試行運用が7月18日に始まった。情報連携を担うのは、国の機関や自治体が個別に保有している住民個人情報を連携させる「情報提供ネットワークシステム」である。制度としては試行運用だが、マイナンバー制度の基盤を支えるシステムとしては本格稼働したことになる。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る