• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

冬休みスペシャル2016-2017

支局記者が体験した、シリコンバレーの「未来生活」

中田 敦=シリコンバレー支局 2016/12/28 シリコンバレー NEXT

 記者が「シリコンバレー支局」で活動を開始して1年半が経過した。この地は物価が非常に高く、暮らしは楽とは言いがたいが、新しもの好きの記者にとっては楽しい場所でもある。未来のライフスタイルを“今”、体験できるからだ。シリコンバレーの「未来生活」を紹介しよう。

 まずは「シリコンバレー」がどんな場所か、おさらいをしておこう。記者のオフィスはパロアルトにあり、アパートは米Appleの本社があるクパチーノに借りているが、この地を一言で言い表すと「田舎」である。

 車がなければ買い物も外食もできないし、夜は真っ暗で星空が美しい。自宅の周りにはリスがいつも走り回っているし、アパートの敷地内でアライグマのような生き物を見かけたことすらある。

 我が家のあるクパチーノから車で1時間30分ほど南に行くと、そこには大自然が広がっている。記者が大好きなのはモントレーという景勝地だ(写真1)。米Hewlett Packardの創業家が設立した豪華な水族館があり、そこではラッコの泳ぐ水槽が名物になっているが(写真2)、実はラッコは水族館の外の海にも普通に泳いでいたりする(写真3)。野生のラッコに出会えるのがシリコンバレーだ。本当に田舎だ。

写真1●記者が愛してやまないモントレー
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●施設の整ったモントレー水族館
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●海を泳ぐ野生のラッコ
[画像のクリックで拡大表示]

 田舎だけに生活環境は良好だ。週末には至る所で「ファーマーズマーケット」が開かれ、新鮮なオーガニック野菜や果物が購入できる(写真4、5)。驚いたのはここで買ったトウモロコシの甘さ。採れたてのトウモロコシは果物のように甘く、翌日になるとその甘さが一気に減ってしまう。東京では知ることのなかった味覚だ。

写真4●マウンテンビュー駅前のファーマーズマーケット
[画像のクリックで拡大表示]
写真5●オーガニック野菜を扱うファーマーズマーケットの店舗
[画像のクリックで拡大表示]

 そんな田舎のシリコンバレーだが、ライフスタイルはとても未来的だ。数多くのIT企業やスタートアップ、製造業などがシリコンバレーを「実験場」に選び、様々なアイデアをここで試そうとしているためだ。記者が実際に体験した製品やサービスがどのようなものか。「架空の1日」風にまとめてみたので、ぜひ追体験して頂きたい。

7am:車の鍵が見当たらなくても大丈夫

 ある日の朝7時。サンフランシスコに取材に出かけようとしたところ、自動車の鍵が見当たらないことに気付いた。

 そんな時でも大丈夫。自動車の鍵には「Tile(タイル)」が付けてあるからだ(写真6、7)。これはあらゆるモノで「iPhoneを探す」が実現できるデバイスだ。スマートフォンとBluetoothで通信し、スマホのGPS機能と連動して、Tileがある場所のデータを常時記録する。そのためスマホアプリからは、Tileの場所をいつでも確認できる。近くにあるのに見当たらない場合は、アプリの「Fined(探す)」ボタンをタップすると音が鳴るので、どこにあるかが分かる仕組みだ。

写真6●自動車の鍵に取り付けた「Tile」
[画像のクリックで拡大表示]
写真7●Tileのスマホアプリ
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 8am:駐車場は探す必要なし
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る