• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

正念場の富士通

岡田 薫=日経コンピュータ 2016/12/07 日経コンピュータ

 富士通が、ハードウエア事業の切り離しを中心に、企業構造の改革を加速させている。国内がシステムインテグレーション(SI)特需に沸く状況を構造改革のチャンスと捉え、SI中心のテクノロジーソリューションセグメントに経営資源を集中させる考え。人工知能やIoT(インターネット・オブ・シングズ)を活用したデジタルサービス事業の拡大と、海外市場での成長を狙う。富士通が挑む変革の実像を探る。

目次

  • 「改革はまだ3合目」、富士通田中社長

     急ピッチで構造改革を進める富士通。デジタルサービスに注力する狙いで、コア事業と非コア事業を選別して切り離しを進めるなど、事業構造にテコ入れを図っている。従来型のSIに長らく適合した従業員、組織、技術基盤を組み替えられるのか。(2017/3/15)

  • 富士通はクラウドで勝負できるのか

     富士通が掲げるデジタルサービスの提供基盤はクラウドだ。しかし現状、自社製クラウド「K5」はAWSなどの海外勢に出遅れている。富士通が勝負するのはIaaSではなく、その上のSIだ。(2017/3/14)

  • 富士通、デジタル変革への道のり険し

     「10年取り組んだとしても成功するかはわからない」。事業のデジタル変革に取り組む顧客からはこうした声が漏れる、富士通が注力するデジタルサービスを成長させるには、市場を開拓、成長させるための長期的な戦略と投資が必要になりそうだ。(2017/3/13)

  • 海外市場の変化に乗り遅れた富士通、「デジタルサービス」に活路

     2016年4月~9月期の海外事業は円高に悩まされた富士通。しかし、「為替の影響を除いても成長しているとは言えない」という。国内のIT市場が成熟しつつある今、海外市場での成長が命運を握りそうだ。(2016/12/9)

  • 「富士通が必要とされなくなる」という恐怖

     田中社長の経営方針のもと、AIやIoT、クラウドなどを駆使したデジタルサービスを強化する富士通。「顧客のデジタル化を支援できなければ、富士通が必要とされなくなる」。香川進吾執行役員専務はこう危機感をあらわにする。(2016/12/8)

  • 富士通、利益率10%へのラストチャンス

     田中社長が経営方針を発表してから約1年の経営方針説明会。「営業利益率5%が見えてきた」と説明したが、まだ改革の成果は見えていない。業績は伸び悩んではいるものの、国内はSI特需に沸いている。2020年をめどに従来型のIT投資がピークアウトする前に今、改革を進めるしかない。(2016/12/7)

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る