• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

正念場の富士通

富士通、デジタル変革への道のり険し

岡田 薫=日経コンピュータ 2017/03/13 日経コンピュータ

 「10年取り組んだとしても、成功するかは分からない」。みかんやオレンジの果樹が生い茂る農地を背にして、早和果樹園の松本将輝取締役常務はこう語る。

 ここは和歌山県有田市。早和果樹園は約7ヘクタールの農地で約7000本の果樹を栽培する。松本取締役常務は「農業で収集できるデータ分析の成果が上がるのは、まだまだ先になりそうだ」と続ける。

早和果樹園の農地。松本取締役常務は「1ヘクタール当たり約1000本の果樹が生い茂る。2011年から農地は増えており、2017年では約7ヘクタールほどだ」と説明する
[画像のクリックで拡大表示]
早和果樹園ではみかんやオレンジなどを栽培しており、それらを原料にした加工品も製造、出荷している。
[画像のクリックで拡大表示]

 2011年、早和果樹園は富士通と共同で、農地のデータや従業員の作業記録を蓄積し始めた。IoT(インターネット・オブ・シングズ)の活用を目指し、気温や降水量、土壌温度などのセンサーデータを分析。みかん栽培の品質や生産性の向上を狙った。

 目標として掲げたのは、勘やノウハウに頼っていた栽培技術を、ITの力を使って再現すること。栽培の達人ともなると、30年~40年以上にわたって熟練させてきた技術を駆使し、みかんを育てる。「達人の技術を作業記録やセンサーデータを基に分析できれば、新人や若手でも再現可能なのではないかと考えた」(松本取締役常務)。

難しいのはセンサーデータの活用

 それから約6年。作業記録は継続して蓄積してきた。しかし、5年分のデータを基に「みかん栽培の達人」の技術を再現する規則性やルールはまだ発見できていない。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 懸念は当初からあった。データの収集に時間がかかり...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【NRI楠真 強いITはココが違う】

    日本の「ITトピア」に欠けている真面目さ

     若い友人がズートピア(Zootopia)というディズニーのアニメ映画を紹介してくれました。肉食動物と草食動物が一緒に住んでいる動物たちの楽園の話です。ライオンが市長、羊が副市長を務めていて、主人公はうさぎのジュディ。彼女は真面目で正義感が強く、うさぎとしては初の警察官になります。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る