• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

あなたの「市場価値」の高め方

フォロワー数は5700人、情報公開で腕を磨く

島田 優子=日経SYSTEMS 2016/11/28 日経SYSTEMS
出典:日経SYSTEMS 2016年7月号pp.68-69
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 「ITエンジニアはほかの人より得意なことがないとダメ。一方で裾野が広くないと、ほかの人の持つ技術力を正しく評価できない。この考えのもと、エンジニアとしての腕を磨いている」。

 こう話すのはトレジャーデータでログ収集ツール「Fluentd」を含む各種OSS(オープンソースソフトウエア)の開発を手掛ける田籠(たごもり)聡氏だ。OSS関連のコミュニティーでは「モリス」という名前で活躍し、Twitterのアカウント(@tagomoris)には約5700人のフォロワーがいる有名人だ。

写真●トレジャーデーターの田籠聡氏
〈写真:小野さやか〉
[画像のクリックで拡大表示]

 田籠氏のITエンジニアとしてのスタートは、ISP(インターネットサービスプロバイダー)での社内システムの開発だった。就職後1年で、NTTデータ先端技術に転じる。インフラ系のプロジェクトを担当し、「プロマネやプリセールスなどをしていたものの、コードを書く機会はなかった」。

 そんな田籠氏が、コードを書く開発者に転身したのは、趣味で米GoogleのPaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)である「Google App Engine(GAE)」を使った開発を始めたことがきっかけだった。「30歳を前に『コードを書く仕事に就くなら最後のチャンス』と考えて始めた」と、田籠氏は当時を振り返る。

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ 互いに教え合い、ムダをなくす
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る