• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

VRのリアル

VRの業務利用、カギは装置の選択

島田 優子=日経SYSTEMS 2016/11/02 日経SYSTEMS
出典:日経SYSTEMS 2016年11月号pp.60-61「業務利用も現実に!今すぐ使える『VR』」をベースに加筆・修正
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 現在、VR普及の牽引役になっているのは、HTCの「HTC Vive」やソニー・インタラクティブエンタテインメントの「PlayStation VR」のようなヘッドセットを中心にしたヘッドマウントディスプレイ(HMD)型のVR装置だ。

 HMD型のVR装置の特徴は、あたかもその場にいるような「没入感」を得られることだ。半面、装置を身に着けると全く周囲が見えなくなってしまう。そのため、周囲を見ながらの作業や、複数人での作業などが難しいという問題点がある。 こうした問題点を克服するために、VRの業務利用の分野ではHMD型以外の方式を採用した装置の活用が始まっている。

 一例が、米zSpaceが開発している専用ディスプレイを使ったVR装置「zSpace」だ(写真1)。日本国内では富士通ががzSpaceの一次代理店となりっており、日本市場向けに富士通の国内関連会社で組み立てた製品を2016年3月から出荷している。

写真1●ヘッドマウントディスプレイ型ではないVR装置の例
米zSpaceの「zSpace」はVR専用のディスプレイ、偏光メガネ、スタイラスペンで構成する
[画像のクリックで拡大表示]

 zSpaceは、24インチ型のディスプレイのほかに2種類の偏光メガネと、専用のスタイラスペンで構成する。利用者は偏向メガネをかけて画面を見ると、画像が立体的に見える。

 ディスプレイに赤外線レーザーが付いており、偏光メガネとスタイラスペンに付いた赤外線受信装置で利用者の位置情報や動きを読み取る。1人が動きを感知できるメガネを装着し、立体視できるオブサーバー用メガネを他の参加者が装着すれば、複数人で同時にVRアプリケーションを見られる。

 「現在では学校の授業などで利用されるケースが多い」と、富士通の畠中靖浩氏(統合商品戦略本部 ソフトウェアビジネス推進統括部 VR/ARソリューション推進部 部長)は説明する。据え置き型のディスプレイが中心になるため座ったまま利用することが前提となっているが、「間違った操作をしたらスタイラスペンを振動させるといったことは可能だ」と畠中氏は話す。

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ 業務利用では三つのポイントに注意
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【グルメサイトRettyのAI舞台裏】

    RettyはAI基盤をアキバで調達

     実名型口コミのグルメ情報サービスRettyでは、独自のAI開発に取り組み、従来人手に頼ってきた仕事を着々とAI(人工知能)に置き換えています。インターンシップのコストや人件費は別として、AI基盤に投じたのは約50万円のみです。今回は、RettyでどのようにAI基盤を構築したかについて紹介します。

  • 【記者の眼】

    マイナンバー情報連携の本格運用はなぜ延期できたのか

     マイナンバー制度での情報連携とマイナポータルの本格運用が、計画の7月よりも3カ月程度遅れて10月ころの開始になることが決まった。総務省と内閣官房が連名で3月17日に発表した。両システムとも計画通り7月に稼働させるが、3カ月程度の「試行運用」期間を設け、その後に「本格運用」に移行する。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る