• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ソフトウエア、それが問題だ Software Matters

若者がITを目指さない、その放置は日本産業自滅への道である

Robert E.Cole (ロバート・コール)=米カリフォルニア大学バークレー校名誉教授 2017/03/17 ITpro

 日本のソフトウエア職は若者の関心を呼ばない。ITがビジネスの中核能力となっている今、この状況の放置は日本産業が自殺に向かうことに等しい。

 これは米カリフォルニア大学バークレー校のRoberte E.Cole(ロバート・コール)名誉教授による指摘である。

 コール氏はITpro読者の質問に答え、上記の指摘をした。経緯は以下の通りである。トヨタ自動車など日本企業の研究で知られるコール氏が『日本のリーダーはソフトウエアの本質を理解していない』という一文をITproに寄稿、読者から意見や質問が寄せられた。これに対し、コール氏から冒頭の指摘を含む回答が届いた。

 回答の第一弾として『日本の経営者はソフトウエア人材を評価し、引き上げよ』を紹介した。続く回答の第二弾をお届けする。ITpro読者の質問ないし意見と英訳を、続いてコール氏の回答と日本語訳を掲載する。新谷ITコンサルティングの新谷勝利氏が英訳と日本語訳を担当した。

 本連載『ソフトウエア、それが問題だ~Software Matters 』は、ソフトウエアの諸問題と対策を日本や世界の論客の方々、そしてITpro読者と考えていく場である。コール氏と読者とのやり取りに関する感想、ソフトウエアに関するご意見を編集部にお寄せいただきたい。

(谷島 宣之、八木 玲子=Software Matters担当)


読者から寄せられた意見

 寄稿に出ていた米国の急成長企業はほぼすべて“B2C”(消費者向けビジネス)である。B2Cにおいては、ITが顧客に直接リーチする手段になる。米国GDP(国内総生産)の半分以上が消費から成り立つ。したがってITで急成長する企業が目立ちやすい。
 これに対し、日本を支えている企業は“B2B”(企業向けビジネス)の製造業である。制御システム、PLC、NC工作機械、産業用ロボットで競争力を維持している。これらは目立たないが、いずれもITを駆使したイノベーションの塊である。ただしB2B市場はボラティリティが高くないため、爆発的な急成長企業は出てこない。
 こうした日米の違いに触れず、日本がITを使いこなせていないと言い切るのはフェアではないと思う。

読者意見の英訳
All the fast growing US companies referred in your article are of B2C. For B2C, IT can be a tool to directly touch with customers. More than half of US GDP comes consumptions, and therefore it is easily observed companies with high growth is through IT. On the contrary in Japan, those companies supporting the Japanese economy is B2B manufacturing. Those companies are maintaining the competitiveness by control systems, PLC, NC machines, industrial robots. These may not be so visible, but indeed outcomes of innovation by IT. Since B2B market is not high for volatility, there are not explosively growing companies. I think it not fair to state Japan is not fully utilizing IT without mentioning the differences between Japan and US.

コール氏の回答と日本語訳

Yes, it is true that manufacturing plays a lesser role in the U.S. economy than in the Japanese economy. It is also true that increasingly in manufacturing, added value is being delivered by services and IT plays a critical role in this development. New software services, or solutions enabled by software increasingly drive innovation.

 米国経済で製造業が果たす役割は日本経済におけるほどではない、それは事実である。同様に、サービスによって提供される付加価値が製造業でますます増えていることも事実であり、これにはITが非常に重要な役割を果たしている。新しいソフトウエアサービスあるいはソフトウエアが可能にするソリューションがイノベーションをますます進行させている。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る