• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Wi-Fiのウソとホントを実証

厚田 大輔=三井情報 2016/09/08 ITpro

 身近になったWi-Fi(無線LAN)は、今や職場でも自宅でも商業施設でもなくてはならない技術となっている。パソコンやスマートフォン、タブレットを活用するためには、不可欠なネットワークインフラだ。

 しかし、快適に使えるWi-Fi環境は、意外に少ない。電波は目に見えず、常に周辺環境からの影響を受けているため、通信品質を安定させるのが難しいのだ。端末やアクセスポイントのスペックや、通信規格どおりにはいかないのが現実だ。

 この連載では、三井情報が所有する検証環境などを利用し、Wi-Fi環境を整える際に直面する疑問や課題について、実機を使って検証する。

目次

  • Wi-FiセキュリティがWEPだと、キケンなうえに遅くなる?

     Wi-FiのセキュリティにWEPを使うのは危険だ。WEPの暗号化を解析するツールが出回っており、数分あれば暗号化を解読することができてしまうためだ。そして、WEPの使用を避けるべき理由はもう1つ存在する。(2017/5/18)

  • 「AirPods」の音楽再生はWi-Fiとの電波干渉で途切れるのか?

     ふと「AirPodsとiPhone 7を接続して音楽を聴いているとき、どんな感じで電波が出ているのだろう」ということが気になった。そこで、ラボで電波を可視化してみることにした。(2017/4/20)

  • 「Wi-Fiはレーダー波を検知すると止まる」はホントなのか?

     5GHz帯は、「Wi-Fi専用」ではない。実は、レーダーも使用しているのだ。このことは、初めてWi-Fi設備を導入するという企業のシステム管理者と話をしていると、結構知られていない。(2017/3/23)

  • 「電波状況が悪いのにWi-Fiにつながり続ける端末を切断する機能」を試した

     今回は、同一のSSIDを持つ複数のAPの間を端末を持って渡り歩く「Wi-Fiローミング」を促す方法の1つとして、APに実装されている機能を確認してみよう。(2017/3/2)

  • 歩きながらWi-Fiを利用したら通信が途切れても仕方ないのか?

     同じSSIDを持つWi-Fiアクセスポイント(AP)が複数台あるオフィスで、出社後自席でAPに接続した。そのあと会議室に移動したら、再度接続操作をしなくても会議室のAPに自動的につながった――。このように、同一のSSIDを持つ複数のAPの間を端末を持って渡り歩くことをローミングという。(2017/2/9)

  • 指向性アンテナは実際に狙った場所に電波を飛ばせるのか

     都心の駅前で立ち止まって上を見ると、ビルの屋上などに数々のアンテナに混ざってWi-Fi(無線LAN)用のアンテナが設置されていることがある。筆者が見た限りでは、Wi-Fi用アンテナは、指向性を持たせたものが多いようだ。(2017/1/12)

  • クリスマスとWi-Fiにまつわる「にわかには信じがたい話」を検証してみた

     クリスマスといえば、昨年(2015年)のこの時期に、いくつかのWebサイトで「クリスマスイルミネーションでWi-Fiが遅くなる可能性がある」という記事を見かけた。(2016/12/22)

  • 「SSIDが増えるほどWi-Fi通信は遅くなっていく」の真偽を確かめた

     端末がWi-FiのSSIDを把握できるのは、APが通知している「ビーコンフレーム」を端末が拾っているからだ。ところがこのビーコン、条件によっては通信帯域を食いつぶしていく。実際にMKIのラボで検証した結果を紹介しよう。(2016/12/15)

  • 「Wi-Fi電波は人が集まる場所で弱くなる」は本当か

     数年前、筆者がとある競技場でフリーWi-Fiを利用していたときのことだ。観客が少ないうちはWi-Fiを快適に利用できていたが、競技開始時間が近づき観客が増えるに従って電波の入りが悪くなり、しまいにはWi-Fiピクト(携帯の画面上にあるWi-Fiマーク)が1本になってしまった。観戦場所は変えなかった…(2016/12/1)

  • 立ちはだかる「壁」―電波はどれだけ減衰するのか

     APと利用端末との間に遮蔽物があると、その影響で電波が減衰するといわれる。では、実際にどれくらい減衰するものなのだろうか。今回は三井情報 東中野オフィスの壁や仕切りを利用してどれくらい電波が減衰するのかを実際に試した。(2016/11/17)

  • 「Wi-Fiで接続済みなのに通信できない」は実際に起こるのか?

     筆者が最近気になっているのは、「スマートフォンの画面上にWi-Fiマークが付いているのに通信できない」「少し移動したら通信できなくなった。でもLTEにも切り替わらない」といったトラブルだ。(2016/11/4)

  • 高速な「チャネルボンディング」はいいことだけなのか?

     802.11nと11acには、図1のように複数のチャンネルを束ねて(つまり使用する周波数の幅を広げて)通信帯域を増やせるチャネルボンディングという技術がある。ボンディングをした場合、通信速度は上がるという利点はあるものの周波数を大きく消費することになる。(2016/10/20)

  • 「Wi-Fiは電子レンジに弱い」を確かめてみた

     昔から2.4GHz 帯で利用するWi-Fi(無線LAN)干渉源の代表例として紹介されることが多いのが電子レンジだ。では実際のところ、電子レンジが発する電磁波はどれくらいWi-Fiに影響するものなのだろうか。筆者が勤務するオフィスの休憩ルームで、電子レンジをONにした際の通信速度の変化を測ってみた。(2016/10/6)

  • Wi-Fiアクセスポイントの「200台つながる」にウソはないか

     「一台のアクセスポイントに何端末繋ぐことができますか?」。このような質問を受けることが非常に多い。読者の中にも、こうした質問をしたことがある人はいるはずだ。企業向けのアクセスポイントをよく見るとカタログなどに、接続できる端末数が記載されている。(2016/9/23)

  • 企業向けと家庭向け、アクセスポイントの実力差を端末40台で調べた

     様々なシーンで利用できるWi-Fiだがそれを構築するアクセスポイントを導入する際、どのように機器を選定しているだろうか。機能や価格で製品を選ぶのが大半ではないだろうか。しかし、見落としがちなのが性能だ。(2016/9/8)

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る