• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

米国発! Appleニュースの読み解き方

著名エディターアプリ開発者の苦悩、売り切りかアプリ内購読か

松村 太郎=ジャーナリスト 2017/08/30 ITpro

 筆者はMacやiPadで、「Ulysses」というテキストエディターアプリを利用している。クラウド同期型でクロスプラットフォームに対応する。

App Store上でのテキストエディターアプリ「Ulysses」の紹介
(出所:米アップルのWebサイト)
[画像のクリックで拡大表示]

 軽量なマークアップ言語のMarkdownに対応し、「#○○」と1行目に書けばタイトルになる。文中で見出しを作りたいときにも「###○○」と書くだけでいい。また、スマートフィルターで文中のキーワードを頼りに原稿を束ねることができ、タイトルの下に「ITpro」などと媒体名や連載タイトルを入れておけば、ファイル管理からも解放される。

 出先でiPadしかないときでも原稿を書ける。これをiPhoneで読み直して、MarkdownのテキストをMicrosoft Word形式(.docx)で書き出し、編集担当者にメールで送ることもできる。筆者にとっては必需品となっている。

高額の有料アプリから転換

 そんなUlyssesはこれまで、安くはない有料アプリだった。MacとiPhone・iPad向けのアプリをそろえると6000円を超えた。筆者は十分その価値を感じていたのだが、開発者は2017年8月に入ってビジネスモデルを変更した。

 これまでは買い切りの有料アプリとして展開していたが、これをMac・iOS双方で無料化し、14日の使用期間の後は年額4400円という「有料購読型(サブスクリプションモデル)」へと転換したのだ。既存ユーザーや学生には割引価格が適用される。だが、このビジネスモデル転換について、App Storeの上のレビューでも納得できないユーザーが少なくない様子だった。

 Ulyssesの開発者であるMax Seelemann氏は、ブログに長文を公開し、その葛藤と決断の理由について説明している。ここからは、Ulyssesに限らずアプリ開発者が共通して抱えるビジネス上の問題と、対処法のパターンを見出すことができる。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 転換した3つの理由
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る