• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

米国発! Appleニュースの読み解き方

若年層に人気のiPhone SE、次期iPhone 8は高級路線でいいのか

松村 太郎=ジャーナリスト 2017/04/19 ITpro

 米アップルは2017年内に、1000ドルにも届くと言われる上位モデルの「iPhone 8」を発売するとの噂が広まっている。ディスプレーに有機ELを採用し、「iPhone 7 Plus」と同じようなサイズのきょう体にさらに大型のディスプレーを搭載するというモデルだ。

 縁を極力なくして画面サイズを拡大するスマートフォンは、韓国サムスン電子の「Galaxy S8」の新しいフォームファクター(形状)と重なる。

 実際、アップルが有機ELディスプレーを採用する場合、有機ELディスプレーの最有力メーカーであるサムスンからパーツを調達する可能性が高い。結果的に、Galaxy S8と次期iPhone 8(ここでは仮にそう呼ぶことにする)はとても似たデバイスになると予測できる。

 アップルが側面までディスプレーで覆うようなデザインを採用するとなると、「Galaxy S8の二番煎じ」と言われかねない。もし新しさを追求するのならば、Galaxy S8で残った上下のベゼルをディスプレーで埋めることになるだろうか。

 ただ、サムスンが自社端末でやっていない完全なベゼルレスデザインを、アップルが先取りすることを許すかどうか。筆者の見方では、サムスンが提供する部材を使って、他社製品が技術的なチャレンジで先行するのは、サムスンにとって悪い話ではないように思う。

 アップルはサムスンの重要な顧客である。iPhoneが売れることは、サムスンのディスプレーやメモリーのビジネスにとってプラスに働く。アップルの製品で、ディスプレー形状のトレンドをテストできることにもなる。

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ 米国ではティーンの76%がiPhoneユーザー
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る