• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
米国発! Appleニュースの読み解き方

「Touch Bar」搭載モデル投入のMacに勢い、iPadとどうすみ分ける?

松村 太郎=ジャーナリスト 2017/02/15 ITpro

 米アップルの2017会計年度第1四半期(2016年10~12月期)決算は、「iPhone」の販売台数と平均販売価格の好調さと、「Mac」の販売台数と平均販売価格の上昇によって、アナリストの予想を上回る過去最高の売上高を計上した。

 アップルの事業におけるMac(写真1)の位置付けについて、改めて考える。

写真1●2016年10月に開催された新型「MacBook Pro」発表イベントの様子
(撮影:松村 太郎)
[画像のクリックで拡大表示]

平均販売価格の上昇傾向が鮮明に

 アップルの決算で、Macの売上高を販売台数で割って、平均販売価格を求めてみる。2017会計年度第1四半期は1347.97ドルだった。2016会計年度第1四半期(前年同期)は1269.95ドル、2016会計年度第4四半期(前期)は1174.58ドルであったことを考えると、平均販売価格は上昇していることが分かる。

 Macの主力モデルはノートブック型の「MacBook」シリーズだが、1000ドル以下のラインアップは大幅に縮小された。特に「MacBook Air」11インチモデルがラインアップから消えたことで、アップデートされずに廉価版として残されている13インチMacBook Airの999ドルが最も安いモデルとなった。

 デスクトップ型でも499ドルの「Mac mini」が安価な選択肢として唯一残った。最も安い「iMac」21.5インチモデルは1099ドルだ。

 アップルはMacのラインアップについて、Retina化を進めており、ディスプレーを持たないMac miniと「Mac Pro」以外のラインアップについてRetinaディスプレー化を完了している。MacBookは1299ドルから、iMac Retina 4Kディスプレーモデルは1499ドルからとなった。

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ 「MacとiPadの融合はない」は本当?
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【速報】

    JALの新CIOに岡執行役員、石関CIOは退任

     日本航空(JAL)は2017年2月22日、最高情報責任者(CIO)の交代を含む役員人事を発表した。これまでCIOを務めてきた石関佳志常務執行役員IT企画本部長が退任し、後任のCIO兼IT企画本部長として岡敏樹執行役員が就任する。

  • 【北川 賢一のIT業界乱反射】

    デジタル化を妨げるERP保守料金の高止まり

     リミニストリートは、ソフトメーカーと対峙する第三者ソフト保守の草分け。うたい文句は「ソフト会社の保守料金の半額」。2005年にCRMソフトの米シーベル向け保守サポートで創業したが、現在は欧州SAPや米オラクル向けのERP(統合基幹業務システム)、データベースソフトが主力だ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る