• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

人事はAIが決める──HRテック最前線

人事部を「労務管理」から解放、複雑な手続きはAPIに任せろ

八木 玲子=日経コンピュータ 2016/09/01 日経コンピュータ

 従業員の入社や退社、昇進、転居、出産──。各種イベントに応じて人事部に発生するのが、労務関係の手続きだ。雇用保険や社会保険の加入手続き、扶養家族の追加、賃金の加算、住所や交通費の変更など、作業は煩雑。こうした労務管理に時間を取られすぎると、個々の従業員のフォローや人事戦略の考案などに手が回らなくなる。

 「HR(Human Resource)テック」の分野では、労務管理の効率化を目指すサービスが生まれている。その一つが、ITベンチャーのクフが手掛ける「SmartHR」だ(画面1)。

画面1●労務にまつわる各種手続きを効率化する「SmartHR」
(出所:クフ)
[画像のクリックで拡大表示]

 2015年11月に正式サービスを開始し、利用企業は既に1500社を超えた。「プロモーションはほとんどしていないが、クチコミなどで採用が広がっている。当初は小規模な企業を想定していたが、1000名規模の企業から声が掛かるケースも増えている」。クフの宮田昇始代表取締役CEO(最高経営責任者)は話す(写真)。

写真●クフの代表取締役CEO(最高経営責任者)、宮田昇始氏
[画像のクリックで拡大表示]

 従来、書類の作成は基本的に手作業で行われてきた。「記入には専門知識が必要で、難易度が高い」(宮田氏)ことから、時間や手間が掛かる。記入した書類を基に役所に申請するのも大変だ。1人雇用するだけでも、社会保険事務所やハローワークなど、複数の役所に行く必要がある。それぞれの役所で長時間待たされることも日常茶飯事だ。

 SmartHRは、こうした手続きを効率化するクラウドサービス。必要な情報をSmartHRに入力すれば、申請書類の作成や役所への申請を自動的に実行する。いわば「HRテックの中でも、“守り”の分野を担う」(宮田氏)。事務的な手続きを省力化することで、それ以外の重要業務に貴重な時間を費やせるようにする。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 窓口での順番待ち不要、APIでオンライン申請
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【AIと倫理】

    ネットで集めたデータはAI学習に使えるか?

     「企業内でディープラーニング(深層学習)を手掛けようにも、現状は手足を縛られているような状態だ」――。2017年5月24日、愛知県で開催された人工知能学会全国大会の公開セッションで、質問に立った企業の技術者が切実な声を挙げた。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る