• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

青木恵美の信州ITラプソディ

「スマホから離れた場所にあるPCの電源をオンにできるか」を試してみた

青木 恵美=ITライター&コラムニスト 2017/08/25 ITpro

 先日、Windows Phoneのことを書いたコラムで、スマートフォンからPCへのリモート接続が便利で重宝している、という話をした。しかし当たり前のことだが、PCの電源が入っていないとリモート接続はできない。かといって、リモート接続のためにPCの電源をいつでもオンにしておくのは、何となく気が引ける。

 2階の居間から階下の事務所にあるPCのリモート接続を行うとき、PCの電源が入っていなければ、電源を入れに事務所まで行かなくてはならない。それだと「電源を入れにPCの前に来たのなら、その場で作業もしてくればいいじゃないか」と思うわけで、これではリモート接続の便利さが半減してしまう。

スマートフォンからWOLを利用できないか?

 そこで思い出したのが、はるか昔に使ったことがある「Wake on LAN」(ウェイク・オン・ラン、WOL、WoLなどとも称される)だ。有線LAN上のPCの電源を、ノートPCなどほかの端末からリモートでオンにする手法である。WOLの設定をしたPCに、ほかのPCにインストールしたソフトから「マジックパケット」と呼ばれる特殊なパケットを送信して電源を入れる仕組みだ。

 当時はなかったが、今は簡単に持ち運べる便利なスマートフォンがあるので、これを使ってWOLで電源をオンにできないかと思ったわけである。

 事務所には、筆者のデスクトップPCが3台ある。このうち自分で組んだ、Windows 10 Pro搭載で、マイクロソフト純正のリモートデスクトップを使えるようにしているメインPCは、どうしてもWOLで電源を入れるようにしたかった。

 原稿書きに使っている“お仕事マシン”は少し古く起動に時間がかかるため、事務所に仕事をしに行く前にあらかじめ起動させておくという目的で、やはりWOLを使えるようにしたい。残る1台は、TVチューナーボードでの録画と動画や音楽のメディアサーバーに使っているマシンである。こちらはいつでも電源がオンなので、あまりWOLを使う必要がない。ただし、録画がない時間帯やメディアサーバーを使わない時間帯にはなるべく電源を切って省エネを図りたいという思いもあるので、WOLができるに越したことはない。

 お仕事PCとメディアサーバーPCはOSがWindows 7 Home Premium搭載で、マイクロソフト純正のリモートデスクトップ機能を使えない。そこで「Chromeリモートデスクトップ」を導入して、リモート操作ができるようにしている。Chromeリモートデスクトップは、スマートフォンで動作する遠隔操作用のクライアントアプリも提供している。

OSがWindows 7のPCは、「Chromeリモートデスクトップ」でリモート操作をしている
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ PCのBIOSやOSにWOLを設定する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る