• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

青木恵美の信州ITラプソディ

Chromecast Audioとコーデック選びで一変した「青木家のワイヤレス音楽史」

青木 恵美=ITライター&コラムニスト 2017/04/28 ITpro

 筆者は音楽好きである。その音楽の聴き方は、時代とともに変わってきている。それが大きく変わったのは、iPodなどの音楽プレーヤーの登場だったと思う。

 iPodの登場前は、据え置きの大きく豪華なオーディオシステムで、聴くのはもっぱらCDだった。ところがiPodを使うようになってからは、これを既存のオーディオシステムにつないで音楽を流すようになった。青木家では、オーディオシステムとiPodの接続にオンキョーのデジタルメディアトランスポート「ND-S1」を、1階と2階のオーディオシステム用に2台導入して使っていた。デジタルメディアトランスポートとは、音楽のデータをデジタル信号のまま(アナログ信号に変換することなく)送る機器である。ND-S1の発売は2009年だから、もう9年近く前になるだろうか。その後iPodはiPhoneに変わり、30ピンのDockコネクタはLightningに変わった。

Bluetoothスピーカーの登場は大きかった

 このiPodとND-S1の世界が一変したのは2013年あたりのことである。2階の居間に「SRS-BTX500」というソニーのBluetoothスピーカーを導入して、iPhoneやiPod Touchをはじめ、Android、各種PCなどからワイヤレスで音楽を飛ばして聴けるようにしたのだ。再生や停止、曲目やプレイリストの選択、音量、スピーカーそのもののオン/オフなど、ほぼ全てを手元でコントロールできるので非常に便利だ。その手軽さに、既存のオーディオシステムからは、だんだん遠ざかるようになっていった。

青木家愛用のソニーのBluetoothスピーカー「SRS-BTX500」
(撮影:青木 恵美、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 Bluetoothスピーカーで流すのは、当初はiPod Touchやスマートフォンのストレージにコピーした音楽ファイルが主だったが、だんだんネットラジオやApple Music、Google Music、SpotifyやAmazon Musicなどの音楽ストリーミングサービスにシフトしていった。ストリーミングサービスにない自分所有の曲目も、Appleのクラウドサービス「iTunes Match」を契約しているので、スマートフォンのストレージを圧迫することなく快適に音楽を楽しめる。

 ワイヤレススピーカーの音は、「もともと聴くのが128kbpsとか256kbpsなどの圧縮音源なのだから」と割り切って、あまりこだわることもなかった。だがあるときから、よく聴いてみると、スマートフォンのヘッドフォンジャックから直接スピーカーにケーブルで接続して聴くのに比べ、ワイヤレススピーカーで聴く音はずいぶん劣化している感じを受けるようになった。さらに同じ音源でも、電波で飛ばす機器によって音質に差があることに気付いた。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ Bluetoothのオーディオコーデックが問題?...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    SEの仕事とは?子供にどう説明すべきか悩む

     以前聞いた話だが、30代のあるSEが4歳の娘から「パパはどんな仕事をしているの?」と尋ねられ、とても困ったそうだ。ITやエンジニアという言葉を使っても、おそらく理解してもらえないはず。自分の仕事を分かりやすくかみ砕いて説明するにはどうしたらよいか。悩んだ挙げ句、彼はこんな説明をしたそうだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る