• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

阪神タイガースの優勝をExcelで占う

タイガースのイニング別得点に勝ちパターンはあるか

木村 仁美=アイプロダクト 2016/04/27 ITpro

 今回は、阪神タイガースの得点パターンから、「勝ちパターン」を考えてみたい。勝った試合では何回に点数を多くとったのか、何回までに何点獲っていれば勝てるのかを、データから分析してみよう。

 前回リーグ優勝した2005年の前半戦データを使って、考察する(画面1)。

画面1●今回作成するExcelシートの完成画面
[画像のクリックで拡大表示]

得点を合計するクロス集計にはSUMIFS関数

 まずは今シーズンのデータを使ってExcelシートを作成していく。これまで勝敗と引き分けの試合数を集計したが、今回はイニングごとの得点の合計を算出する。さらに、ホーム/ビジターで得点の傾向に違いがあるかも確認したいので、クロス集計をすることにしよう。

 試合数のクロス集計では数を数えることから、「COUNTIFS関数」を使用した。今回のように、複数条件に当てはまる(点数の)合計を計算するには、「SUMIFS関数」を使う。SUMIFS関数も、COUNTIFS関数と同様にExcel 2007以降で使える関数であることに注意してもらいたい。

 今回は、前回までに作成したExcelファイルに、「各回得点」という名称のワークシートを追加し、見出しを入力する(画面2)。なお、A3:A4、A5:A6、A11:A12、A13:A14のセルは、セル結合している。縦に連続するセルを結合した場合、データが入力されているのは、それぞれの一番上のセルとなることを知っておこう。

画面2●勝った試合と負けた試合別に、1回から12回までの得点を集計する。そのための各見出しを入力する
[画像のクリックで拡大表示]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る