• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

知って安心!AWS・Azureのつまずきポイント

[Azure失敗と対策]構築済みの仮想マシンを仮想ネットワークに移せない

谷田部 学=FIXER 2016/05/20 日経クラウドファースト

 Virtual Machinesのインスタンス(仮想マシン)を構築する際、配置場所を選択する。仮想ネットワークに配置する必要がある場合、落とし穴にはまることがある。

 事前に仮想ネットワークを構築しておかないと、当然ながら仮想マシンの構築時に選択肢として表示されない。その際に、地域を指定しがちだ(図1)。使用するAzureのデータセンターは「日本(東)」「日本(西)」という具合に、決まっていることが多いからである。

図1●仮想ネットワークを構築していない場合の仮想マシン構成画面
選択肢に仮想ネットワーク(Virtual Networks)という項目がなく、地域を選択してしまうケースがある
[画像のクリックで拡大表示]

 ところが、いったん仮想マシンの配置場所を決めてしまうと、あとで仮想ネットワークを構築したときに、そこに配置できない。仮想ネットワークに配置するには、仮想マシンを削除して、作り直すことになる。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ つまずき対策
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る