• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

知って安心!AWS・Azureのつまずきポイント

[Azure失敗と対策]再起動するとIPアドレスが変わる

千賀大司=FIXER 2016/05/19 日経クラウドファースト

 Azureではデフォルトで、IPアドレスがDHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)によって割り当てられる。例えばVirtual Machinesのインスタンス(仮想マシン)を再起動すると、そのたびにIPアドレスの再割り当てが行われる。

 そのため、固定のFQDN(Fully Qualified Domain Name)をリソースのアドレスとして使うことがある。例えばAzureのアプリケーションサーバーサービス「Web Apps」でWebサーバーを作成すると、「○○○.azurewebsites.net」といったFQDNが割り当てられる(○○○の部分はユーザーが指定できるが、あとから変更できない)。この場合、Webブラウザーに「http://○○○.azurewebsites.net」と入力すると、インターネットからアクセスできる。もっともFQDNを公開サーバーとして利用するには難があるので、通常はDNS(Domain Name System)サーバーの設定で「www.○○○.co.jp」のようなCNAME(Canonical NAME)に置き換える。

 ただしFQDNを使っても、固定のIPアドレスが必要になるケースがある。例えば、ファイアウォールが送信元IPアドレスや送信先IPアドレスといったIPアドレスでしかアクセス制限をできない場合だ。その際、IPアドレスを固定化する方法が分からず、戸惑いがちである。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ つまずき対策
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る