• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

知って安心!AWS・Azureのつまずきポイント

[AWS失敗と対策]バケット名に「.」を使うとエラーに

横倉 健大郎=サーバーワークス 2016/05/12 日経クラウドファースト

 バケットに「.」(ピリオド)を含む名称を付けると、https通信がエラーになることがある。エラーが起こる仕組みを理解しておこう。

つまずき対策

 S3にバケットを作成して、オブジェクトをアップロードすると、ユニークなURLが二つ発行され、httpまたはhttpsでアクセスする。ピリオドを含む「my.bucket」というバケット名にしたなら、以下の二つのURLが発行される(httpsで通信する場合を想定)。

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/my.bucket/object.html

https://my.bucket.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/object.html

 このうち、上段のURLでアクセスする場合は問題がないが、下段のURLにアクセスするとSSLエラーとなってしまう。これはSSLサーバー証明書が「*.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com」といったワイルドカード証明書を利用していることが原因だ。「bucket」がサブドメイン名と見なされて、ドメイン名は「*.bucket.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com」と認識されてしまう。

 バケット名は、このことを考慮して決めよう。

横倉 健大郎
サーバーワークス クラウドインテグレーション部 技術二課 課長
AWS歴7年のITエンジニア。オンプレミス環境からAWS環境への移行業務に数多く従事。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る