• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

知って安心!AWS・Azureのつまずきポイント

[Azure失敗と対策]仮想マシンのNICの枚数に制限がある

千賀大司=FIXER 2016/04/28 日経クラウドファースト

 仮想マシンサービスのVirtual Machines では、インスタンスサイズごとにスペックが決まっている。例えばStandardレベルのA3では、4コアのCPU、7GB のRAM、285GB のディスクといった具合である。ユーザーはインスタンスサイズを選べるが、スペックをカスタマイズすることはできない。

 Virtual Machines のインスタンスサイズを選ぶときに見落としがちなのが、NICの枚数である。オンプレミス環境では、フロントエンド、バックエンド、管理用ネットワークにそれぞれ1 個のNIC を使うことがある。しかしVirtual Machinesのインスタンスサイズによっては、NICが1個あるいは2個しかない。

つまずき対策

 Virtual Machines では、インスタンスサイズによってNICの枚数も規定されている。例えばStandardレベルのA3ではNICが2個だ。インスタンスサイズを選ぶときに、必要なNIC の個数を確認したい。

 なお、複数のNICを持つVirtual Machines インスタンスを作成するときには、事前に仮想ネットワークを用意することも忘れてはならない。複数のNICを持つVirtual Machinesインスタンスは仮想ネットワーク上に構築しなくてはならないからだ。

千賀 大司
FIXER 研究開発部 ジェネラルマネージャー
金融・証券を中心に多様な企業のビジネス拡大やFinctechをクラウドで推進。日経BP社主催のセミナーで機械学習を教えるほか、データ分析やAI開発分野もリードしている。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る