• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

知って安心!AWS・Azureのつまずきポイント

[Azure失敗と対策]仮想マシンのサイズを変更できないことがある

小田島 哲也=インテリジェンス ビジネスソリューションズ 2016/04/27 日経クラウドファースト

 本来、Virtual Machines のインスタンスサイズは、Aシリーズから高スペックのD シリーズやDv2シリーズに変更できる。しかしVirtual Machines のインスタンス作成時の設定次第では、あとで変更できない場合がある。

 現状のAzure のデータセンターには、Aシリーズのみが動作する物理サーバークラスターと、AシリーズだけでなくDシリーズやDv2シリーズも動作する物理サーバークラスターが存在する(図1)。Virtual Machines のインスタンスを、Aシリーズのみが動作する物理サーバークラスターに作成すると、D、Dv2シリーズに変更できない。

図1●Azure データセンターのサーバークラスター構成
[画像のクリックで拡大表示]

つまずき対策

 Virtual Machines のインスタンスを作成する際に、DシリーズまたはDv2シリーズを選び、作成完了後にAシリーズに変更すればよい。

 Aシリーズのみが動作する物理サーバークラスターにVirtual Machines のインスタンスを作成してしまった場合、それを削除してDシリーズまたはDv2シリーズのインスタンスを作成するしかない。

小田島 哲也
インテリジェンス ビジネスソリューションズ システムソリューション第2事業部 クラウドサービス部
ソフトウエア開発者(.NET)。Microsoft系の技術をメインにしたシステム開発案件に長年従事。2011年、Azureと出会う。現在は、AzureやOffice 365の導入支援を中心に、システム開発案件だけでなく、インフラ案件にも関わる。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る